新興国に最安で投資可能なインデックスファンド!たわらノーロード 新興国株式の評価・解説

たわらノーロード 新興国株式はその名の通り、成長著しい新興国を投資対象としているインデックスファンドになります。

たわらノーロードシリーズに、新ファンドの一つとして2016年3月に設定されました。

スポンサーリンク

たわらノーロード 新興国株式の詳細

ベンチマークMSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み)
購入手数料無料
最低積立金額100円~
信託報酬年0.495%(税別)
純資産総額26.60億円
設定日2016年3月14日
決算日年1回(10/12)
信託財産留保額0.3%
償還日無期限
為替ヘッジなし
投資形態ファミリーファンド方式
資産構成実質組入比率…100.6%
(現物93.6%、先物7.0%)
現金など…6.4%
組入銘柄数…839 銘柄
運用会社アセットマネジメントONE株式会社

たわらノーロード 新興国株式の特徴

たわらノーロード 新興国株式の最大の特徴としては、MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み)をベンチマークとしているファンドの中で、最も安いコストで運用できることでしょう。

信託報酬年0.495%は今まで最安ファンドだったインデックスファンド海外新興国(エマージング)株式よりも、低く保有コストを抑えることができるのが魅力ですね。

新興国を対象とするファンドのコストはどうしても高くなりがちですが、5%を下回る設定で登場したことは投資家にとってもありがたいことでしょう。

2016年12月に判明した実質コストも0.73%(税抜)と 、他と比べて最安の水準になっております。
これを踏まえて積極的に本ファンドに乗り換えるのもありだと思います。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016では、第14位と健闘しております。

組入地域・業種ほか

韓国を筆頭に、インド・ブラジル・南アフリカ・メキシコなどの新興国を投資対象としています。
ケイマン諸島はタックスヘイブン(租税回避地)の一つということもあり、比率が高くなっています。

組入銘柄

銘柄地域・国比率
TENCENT HOLDINGS LTD中国4.16%
SAMSUNG ELECTRONICS CO LTD韓国4.14%
TAIWAN SEMICONDUCTOR台湾3.41%
ALIBABA GROUP HOLDING LTD-ADR中国3.20%
NASPERS LTD南アフリカ1.72%
CHINA CONSTRUCTION BANK中国1.31%
CHINA MOBILE LIMITED香港1.31%
HON HAI PRECISION INDUSTRY台湾1.23%
IND & COMM BK OF CHINA – H中国1.00%
BAIDU INC -SPON ADR中国0.98%

上位銘柄は中国企業の比率が多くなっていることがわかります。
韓国のサムスンや、アリババ・グループに投資が行われております。

運用成績は?

期間ファンドベンチマーク
1カ月2.53%2.60%
3か月8.06%8.34%
6か月15.11%15.51%
1年31.75%32.92%
設定来35.06%37.14%

※2017年8月31日基準

序盤は運用開始年特有の事情がありやや乖離が大きくなっておりましたが、ここ最近は安定しており、配当込みベンチマークとの乖離率が低くなっております。

新興国株式自体のパフォーマンスは、世界経済の成長も後押しして好調な推移となっています。

純資産はここにきて急激に伸びてきており、節目となる30億円にも近づいております。
1億円に満たない資産から、右肩上がりで純資産を増やしていることが評価できます。

分配金は?

2016年10月に初めて決算を迎えましたが、分配金は出されませんでした。

競合するファンドとおすすめファンドは?

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスが新しく登場し、「MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当除く)」をベンチマークとしている最安のファンドとなっています。
ただまだ運用期間が短く、実質コストも判明しておりませんので、乗り換えるのであればトラッキングエラー(乖離率)と実質コストが出てきてからでも遅くはないと思います。

あと純粋なインデックスファンドとは言えませんが、信託報酬年0.34%のiFree 新興国株式インデックスが競合するファンドといえます。
特に新興国のベンチマークにこだわりがなければ選択余地があるでしょう。

たわらノーロード 新興国株式の評価

たわらノーロード新興国株式ですが、MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み)をベンチマークとしているファンドの中で、実質コストも含めて一番安いコストで運用できることが最大のメリットと言えるでしょう。

本ファンドよりも低い信託報酬の新興国ファンドは存在するものの、ベンチマークに違いがあり単純な比較はできません。
MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み)は、新興国インデックスの中では最も有名な指数となりますので、通常はこちらをベンチマークとしているファンドに投資していく方が良いと思われます。

上記のことから新興国を対象とするファンドを選択する際は、最有力のファンドの一つと言えそうです。

たわらノーロード 新興国株式を購入できる会社はこちら

販売会社 SBI証券
楽天証券
マネックス証券
カブドットコム証券
松井証券
スルガ銀行
ジャパンネット銀行
SMBC日興証券
スポンサーリンク

シェアする