積立投資とは

本ブログの核でもある積立投資は、投資初心者基本の方でも初めやすい投資となります。
この記事では積立投資のメリット・デメリットを順番に紹介していきます。

スポンサーリンク

積立投資の詳細

積立投資とはある商品に毎月決められた金額を積み立てていく投資のことです。
身近に感じられるのは積立預金なども積立という意味では同じ部類と言えるでしょう。

積立投資のメリット

少ない金額で投資可能

特に初心者の方はいきなり大金を使って投資するのは、大きく損するのではないかと不安になるかもしれません。

積立投資のメリットは少額で行えることになります。
会社にもよりますが一番安いところだと500円で積立投資が始められます。

これくらいの金額だと投資するハードルはかなり低くなり、お小遣い感覚で試してみようと思えることでしょう。

ただ実際は500円だと損した場合の金額は少ないですが、期待できる利益も僅かですので老後資金など本格的に投資を行い方はある程度の金額を積み立てる必要があります。

積立パワーの威力

例えば30歳の人が65歳までに1,000万円を目指す場合、毎月1万円を年率リターン4%で運用できれば達成できてしまいます。
年率リターン4%はそこまで難しいことではありません。
債券など商品によっては難しいかもしれませんが、ややリスクの大きい株式などに投資していけば十分目指せる水準になります。

この積立パワーは積立期間が長ければ長いほど威力を発揮していきますので、検討中の方はできるだけ早く始めることをおすすめします。

買うときのタイミングを気にする必要がない

よくありがちなのは株が上昇していって今がチャンスとばかりに買ったもののその後下落していくパターンです。
この場合あのタイミングで買わなきゃよかったなど悔やまれるかと思いますが、積立だと購入が分散されていきますのでタイミングを気にすることなく行っていくことが可能です。

積立投資のデメリット

一括投資より不利な場面もある

積立投資は投資の一種ですので全ての場面で有効な方法ではないことを頭に入れておかなければなりません。
例えば相場の上昇場面では最初から一括で購入した方が利益が大きくなります。
また相場が下落するとわかっていたら最初から積立投資する必要もありませんよね。

これらのことから相場の方向性が見えない時に利用したい投資手法と言えそうです。

積立投資のまとめ

メリット・デメリットがある積立投資ですが、特に相場がまだ読むことが難しい投資が初めての方には最適な投資方法だと思います。
また積立投資には様々な手法がありますが、本ブログでも紹介しているドル・コスト平均法での投資をおすすめします。

積立パワーは期間が長ければ長いほど威力を発揮できますので、若い人には是非早く始めることを検討してほしい投資手法と言えるでしょう。

本ブログでは積立投資を利用した投資商品をいくつかご紹介しておりますのでご参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

シェアする