低コスト先進国リートファンド!三井住友・DC外国リートインデックスファンドの評価・解説

三井住友・DC外国リートインデックスファンドは先進国のREIT市場を投資対象とするインデックスファンドです。

DC専用ファンドから一般販売も行われるようになった三井住友インデックスシリーズに2016年9月より追加されました。

スポンサーリンク

三井住友・DC外国リートインデックスファンドの詳細

ベンチマークS&P先進国REIT指数(除く日本)(配当込み)
購入手数料無料
最低積立金額100円~
信託報酬年0.28%(税別)(純資産200億円未満)
年0.27%(税別)(200億円以上500億円未満部分)
年0.26%(税別)(500億円以上1000億円未満部分)
年0.25%(税別)(1000億円以上部分)
基準価額10,964円
純資産総額6.83億円
決算日年1回(2/25)
信託財産留保額なし
償還日無期限
為替ヘッジなし
投資形態ファミリーファンド方式
資産構成リートなど…99.2%
現金など…0.8%
先物など…0%
運用会社三井住友アセットマネジメント株式会社

三井住友・DC外国リートインデックスファンドの特徴

最大の特徴は先進国のリートを対象とするインデックスファンドとして、最も安い信託報酬であることが評価できますね。
それだけでなく純資産200億円以上は信託報酬がさらに安くなるということも嬉しい限りです。

新興国も含む海外リートでは、<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドが最安となっており個々の投資スタイルにあわせて本ファンドと共に検討していきたいですね。

組入比率

運用成績・利回りは?

ファンドベンチマーク
1ヵ月2.9%3.1%
3ヵ月2.9%3.3%
6ヵ月1.2%1.8%
設定来9.7%11.9%

※2017年6月30日時点

ベンチマークは配当込指数となっておりますが、少し乖離が発生しております。
今後パフォーマンスが安定して、ベンチマークと連動が取れることに期待しましょう。

分配金は?

2017年02月27日に初めて決算を迎えましたが分配金は出しておりません。

実質コストはいくら?

2017年2月に出された報告書において、実際に掛かったコストが0.34%と記載されております。

三井住友・DC外国リートインデックスファンドの評価

先進国リートに低コストで運用できることからおすすめできる先進国リートインデックスファンドとなります。

保有し続ける毎に掛かる信託報酬は、リターンを押し下げてしまいますので出来るだけ安いことに越したことはありません。

有力先進国リートインデックスファンドとなるでしょう。

三井住友・DC外国リートインデックスファンドを購入できる会社はこちら

おすすめ会社 SBI証券
楽天証券
マネックス証券
カブドットコム証券
松井証券
スポンサーリンク

シェアする