国内有数の優良アクティブファンド!ひふみ投信の評判と詳細

ひふみ投信は、レオス・キャピタルワークスが運用する2008年開始の国内株アクティブファンドとなります。

レオス・キャピタルワークスは他にも、ひふみプラスというネット証券などで購入できる運用方法が同じファンドがあります。
設定来リターンがTOPIXを上回る成績を残していますので、アクティブファンドでは数少ない投資価値のあるファンドと言えるでしょう。

ひふみ投信の詳細情報

ひふみ投信は「資産を守りながらふやす運用」をコンセプトに運用がなされており、下落局面では株式比率を抑えてリスク回避することで効率良く運用が行えております。

買付手数料も無料で、解約時にもお金がかからないことから購入のハードルは低くなっています。

参考指数TOPIX
購入手数料無料
設定日2008年10月1日
積立単位月10,000円から1円単位
信託報酬年1.0584%(税込)
決算日年1回(9/30)※分配金実績なし
信託財産留保額なし
償還日無期限
純資産総額760億円
資産構成国内株式:86.4%
海外株式:2.9%
現金など:10.7%
運用会社レオス・キャピタルワークス株式会社

分配金は現在まで一度も出しておりませんので、効率的に運用できています。
今後も分配金なしで運用してもらいたいところです。

上記の画像の通り、設定来からTOPIXインデックスを常に上回るパフォーマンスを残せています。
さらに比較対象であるTOPIXも配当込みで比較しておりますので、他であるような配当抜きTOPIXの比較で成績をごまかすようなことが一切していないのが好感が持てますね。

運用手段で特徴的なのは投資対象とする会社に実際に訪問して話を聞き、将来性や投資価値のある企業かどうかをしっかりとした分析の上で投資している点が挙げられます。
こうした徹底したリサーチ力が、今のパフォーマンスに反映されているのでしょう。

通常の信託報酬は年1.0584%で設定されています。
一見高いように思われますが、アクティブファンドの中では安い水準となっています。
さらに後で紹介するサービスが適用されれば実質的な信託報酬が低くなりますので、あまり気にすることはないと思います。

直近パフォーマンスは?

ひふみ投信TOPIX(配当込み)
1ヶ月1.7%0.4%
3ヶ月9.6%5.9%
6ヶ月16.8%7.6%
1年30.5%25.1%
3年66.1%33.5%
設定来330.0%77.9%

※2017年7月末時点

TOPIX(配当込み)に対して文句なしのパフォーマンスを残せており、それを安定して長年続けていることが高く評価されています。

資産を守りながらふやす運用

冒頭でも話した通り、ひふみ投信は預かった資産を守りながら運用を行っております。
現金比率を最大50%まで設定していることで、相場の下落時でも基準価額の下げ幅を抑えることができます。

現金保有のデメリットとしては、相場の上昇時に乗れない時がある点でしょう。
ただ現在までのパフォーマンスは常にインデックスを上回っていますので今後も期待したいですね。

積立頻度は自由に決められる

ひふみ投信では、毎月一定額のお金を積み立てる方法に加えて、「自由つみたて」と呼ばれる積立金額と積立月を自由に選ぶことができる方法が用意されています。

自由つみたてを利用することで、毎月ではなく3か月に1回のペースで、積立を行う方法なども可能になります。
またボーナス月には、いつもより多くの積立金額を指定することもできます。

※「自由つみたて」は最低積立金額1万円以上、年1回以上の積立月指定から利用可能です。

信託報酬割引サービス「資産形成応援団」

資産形成応援団とはファンドの保有年数によって信託報酬が一部キャッシュバックされるサービスのことです。

5年以上保有で0.2%、10年以上保有で0.4%が還元される仕組みになっています。
10年保有すると実質的な信託報酬が年0.6584%まで下がることになりますので、長期投資が基本になる投資信託では嬉しいサービスとなりますね。

子供用の口座も開設可能

ひふみ投信では年齢問わず誰でも口座が開設できますので、生まれたばかりの赤ちゃんでも口座が作れます。
将来の学費積立に利用してもいいですし、色々と使い方がありそうですね。

詳細な情報発信

運用レポートも毎月発信していて、公式サイトでは運用者の考えも知ることができます。
内容も詳細に開示しており動画でも報告しているなど、顔が見える運用であることが支持されている要因となっています。

組み入れている銘柄について投資理由をきちんと説明をしていますし、他と比べても非常に透明性の高い運用がなされています。
投資家に向けたセミナーも開催したり積極的に情報発信をして、投資家とのつながりを大事にしていることが、ひふみ投信の優れた特徴と言えるでしょう。

実質コストは?

2016年11月に出された報告書によると実質コストは、年1.26%となっています。
内訳をみるとやはり、売買委託手数料がやや高くついてしまっているようです。
ただアクティブ運用では手数料が膨らむのは致し方ないことですので、期待できるパフォーマンスを考慮すれば、そこまで気にする必要はないと思われます。

ひふみ投信の解約方法は?

以前は電話のみの解約方法しかありませんでしたが、現在はインターネット上で行えるようになっています。

平日:9時~17時 03-6266-0123

上記の時間・番号にて解約を受け付けています。

ひふみ投信の評価

2017年にはR&Iファンド大賞で3度目の最優秀ファンド賞を受賞しており、ファンドとしての評価は非常に高いです。

積立も毎月ではなく数か月に1度など自由なペースで行えますので、自分に合った積立方法が選べるのがメリットでしょう。

アクティブファンドですので今後も同じパフォーマンスを維持できるかは不透明ではあります。
ただ現在まで長年にわたり安定した成績を残せていますので、国内株インデックスファンドよりも好リターンを求めたい人にはぴったりな投資信託ではないでしょうか。

信託報酬も長期割引がありますので長く続ければ続けるほど、効率の良い運用ができることでしょう。
現時点で一番おすすめできる国内株アクティブファンドと言えます。

▼口座開設はこちら▼
レオスのひふみ投信