世界株式でも好リターンなるか!ひふみワールドの評価と解説

ひふみプラス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ひふみワールドとは

ひふみワールドは、ひふみプラスで有名なレオス・キャピタルワークスが運用している海外株式アクティブファンドとなります。
2019年9月26日より募集が開始されて購入可能になります。(積立は10月8日から)

ひふみワールドの詳細

投資対象 日本除く世界株式
ファンド分類 海外株式アクティブ型
つみたてNISA ×:対象外
設定日 2019年10月8日
最低積立額 1,000円から
購入時手数料 無料
信託報酬 年1.48%(税抜)(保有5年未満)
年1.38%(税抜)(保有5年以上)
年1.23%(税抜)(保有10年以上)
決算日 年1回(9/30)
信託財産留保額 なし
償還日 無期限
為替ヘッジ なし
投資形態 ファミリーファンド形式
運用会社 レオス・キャピタルワークス株式会社

ひふみワールドの運用方針

ひふみワールドの運用方針はひふみプラスと同じく、投資対象とする企業に足を運んで徹底的なリサーチを行い、将来有望な成長企業を発掘していく運用スタイルとなっています。
現在ニューヨークに調査拠点があり、今後は中国・シンガポール・ヨーロッパにも拠点を設ける予定です。

運用チームには実績あるメンバーが揃っており、海外でも小型成長株の発掘が期待されます。
ひふみプラスなどで800億円以上の海外株が運用されてますが、今後この比率が下がるのかは不明です。

他のひふみファンドとほぼ同じ特徴・運用スタイルとなっていて、透明性の高いアクティブファンドであることは評価できます。
ただ信託報酬が高めですので、税込実質コストが2%近くとなりそうなことは頭に入れておきたいところです。

また為替ヘッジも行っていませんので、円高相場になればファンドの成績にマイナスの影響を受けることになります。

情報公開に積極的

運用元のレオス・キャピタルワークスは、運用ファンドの情報開示を積極的に行っています。

YouTube動画を使って運用結果を報告したり、Twitter等のSNSでひふみファンドの最新ニュースを発信しています。
また運用担当者をサイトにて公開しており、顔の見える運用であることが特徴です。

守りながらふやす

預かった資産をすべて投資に回しているのではなく、一部を現金として保有しています。
これを現金比率と言い、ひふみワールドでは最大50%まで高くすることができます。

相場が高値圏にある状況では、いくら成長株と言えどリターンが限られてきます。
こういった相場時に現金比率を高めて割安株に資金を移すことで、下落相場を乗り越えることが可能になります。

信託報酬割引サービス「資産形成応援団」

資産形成応援団とは、ファンドの継続保有期間によって信託報酬が一部還元される割引サービスのことです。

5年以上保有で0.1%、10年以上保有で0.25%が還元されます。
初めから長期保有を前提としている方には嬉しい制度であり、運用コストを抑えるためにも活用しましょう。

つみたてNISAは利用不可

ひふみワールドですが、つみたてNISAを使って投資することはできません。
信託報酬条件(1.5%以下)は問題ないのですが、運用期間が5年未満のため、しばらくつみたてNISAを活用できないことには注意しましょう。

組入銘柄紹介

運用レポートが公開され次第追記いたします。

利回り・運用成績は?

ひふみワールド
1ヶ月 -%
設定来 -%

運用成績がわかり次第追記します。

個人投資家の評判は?

ひふみワールドのまとめ

ひふみプラスの世界版ともいわれる本ファンドですが、期待する声もあれば割高コストを打ち消すほどの好リターンを得られるか疑問の声も見られます。

事実インデックスファンドには今や0.1%を切る外国株式ファンドが続出しており、期待リターンを考慮しても、保有コストの優位性からアクティブファンドを選ぶメリットが薄れつつあります。

ただひふみファンドには多数の過去実績があることから、安定した成績を残し続けることで、ひふみプラス同様人気のアクティブ投信になる可能性もあるでしょう。

ひふみワールドを購入できるおすすめ会社

ひふみワールドは直販販売限定となっているため、ひふみ投信でのみ購入可能です。
今のところ他社での販売は予定していないとのことです。

国内有数の優良アクティブファンド!ひふみ投信の評判と詳細
ひふみ投信は、レオス・キャピタルワークスが運用する2008年開始の国内株アクティブファンドとなります。 設定来リターンがTOPIXを上回る成績を残していますので、アクティブファンドでは数少ない投資価値のあるファンドと言えるでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクティブファンド投資信託
g39wajzgをフォローする
スポンサーリンク
積立投資で資産運用を始めよう