低コストアクティブファンド!ひとくふう日本株式ファンドの評価・評判と解説

ひとくふう日本株式ファンドひとくふうシリーズの1つで2016年3月に運用開始の国内株式型アクティブファンドです。

ノーロード投資信託でアクティブファンドでは、信託報酬が非常に低いことが大きな特徴となっています。

スポンサーリンク

ひとくふう日本株式ファンドの詳細

参考指数JPX日経インデックス400(配当込み)
購入手数料無料
信託報酬年0.25%(税別)
基準価額12,304円
純資産総額1.41億円
決算日年1回(3/3)
信託財産留保額なし
償還日無期限
資産構成株式現物…97.8%
株式先物など…0%
短期金融商品など…2.2%
投資形態ファミリーファンド方式
運用会社大和住銀投信投資顧問

ひとくふう日本株式ファンドの特徴

ひとくふう日本株式ファンドは、価格変動リスクを抑えることで投資効率を高め、市場平均よりも大きなリターンを目指して運用されています。

JPX日経インデックス400を参考指数としていますがベンチマークとしては設定されておりません。
JPX日経インデックス400とは東京証券取引所に上場している全銘柄のうち、時価総額や流動性・利益などが一定の水準を満たした「投資魅力の高い」400銘柄のことです。

信託報酬が年0.25%と、アクティブファンドとして非常に低いコストで投資が可能です。
高いコストを払うだけという、アクティブファンドのイメージを払拭する成績に期待したいですね。

組入業種など

組入銘柄

利回り・運用成績は

期間ファンド参考指数
1か月0.7%1.4%
3か月7.1%8.9%
6か月10.6%13.1%
1年20.8%20.6%
設定来28.9%35.2%

※2017年12月末時点

参考指数であるため一概には比較はできませんが、配当込指数と比べてやや乖離が発生しています。
これから盛り返すことに期待したいですね。

分配金

期間分配金
2017年3月0円

初めて決算を迎えましたが、分配金は出されず、今後も効率的な運用が期待できます。

実質コストは?

決算年度
(対象期間)
実質コスト
2017年
(2016/3/4~2017/3/3)
0.310%

2017年03月の決算にて提出された報告書によると、実質コストは年0.310%となっています。

ひとくふう日本株式ファンドの評価

本ファンドはアクティブ運用のファンドとなりますが、インデックスファンドと並ぶ低いコストで運用可能ですので、ポートフォリオの一部であれば追加しても面白いかもしれません。

「JPX日経インデックス400」を参考指数とするアクティブファンドは数少ないことも、本ファンドを選択肢とするメリットと言えます。

現在はやや参考指数との乖離が大きくなっていますが、今後の運用パフォーマンスに期待しましょう。

ひとくふう日本株式ファンドを購入できる会社はこちら

購入できる主な会社は、SBI証券楽天証券GMOクリック証券松井証券岡三オンライン証券カブドットコム証券となります。

スポンサーリンク

シェアする