500円から買付手数料無料で株の積立が可能!キンカブの評判を解説!

キンカブ

SMBC日興証券が提供している「キンカブ」は、金額指定で株を購入できる株取引・積立サービスになります。
サービス改定が行われて、初心者の方がより利用しやすいサービスとなりました。

キンカブ(FROGGY)の特徴・メリット

500円から株の購入が可能

「キンカブ」は単元未満株に似た性質を持つ商品で、単元株(通常は100株)に満たない資金でも株を買い付けることが可能です。

1銘柄につき500円から500円単位で買うことができます。

通常1,000円の銘柄を買おうとすると10万円の資金(1,000円×100株分)が必要となるので、少額から保有できることがメリットになります。

金額指定ですので1株未満の場合は、小数点以下の株数で注文することになります。
単元未満株では1株以上しか注文できませんので、キンカブではそれよりも幅広い銘柄を少ない資金で買い付けることができます。

最安コストで投資できる

キンカブでの株式買付手数料ですが、一回あたり100万円以下の注文であれば無料となります。

注文金額 買付手数料 売却手数料
100万円以下 0% 0.5%
100万円超 1.0% 1.0%

他では20万円以下手数料無料の会社はありますが、100万円以下まで無料の証券会社はキンカブのみです。
どんなに買っても手数料は発生しませんので、少額でコツコツ買うのに適しています。

売却の際に0.5%の手数料がかかりますが、これも単元未満株の業界最安水準コストになっています。
最低手数料も設定されておらず、他社よりも安い手数料で売却することが可能です

コストを抑えて株取引したい方には、メリットの大きいサービスと言えるでしょう。

約3,700銘柄の銘柄が対象

キンカブでは東証一部だけでなく、東証二部やマザーズ・JASDAQの銘柄も対象となっています。
また一部のETF上場REITも購入可能です。

これは他の単元未満株サービスより多くの数となっており、ETFを除けばほとんどの銘柄をカバーしています。
例えば先日上場したばかりの「エネクス・インフラ投資法人」も購入できます。

今後も対象銘柄が追加されていくと思いますので、他社の少額取引サービスでは取引できない会社に投資できることがメリットになります。

気軽に分散投資が行える

前述したとおりキンカブでは少額で株を買い付けることができるので、多くの銘柄に分散して投資することが可能です

10の銘柄を500円ずつ買い付けて、自分好みのポートフォリオを構築することもできます。
通常の株式で分散投資を行う場合、少なくても数十万程度の資金が必要ですので、まとまった資金がなくても幅広い銘柄に投資できることがメリットになります。

複数の銘柄に分散して保有すれば、一つの銘柄が下落しても、他の銘柄の上昇分で損失をカバーすることができます。
特に初心者の方は、一つの銘柄だけに投資するのではなく、幅広く分散して買い付けることをおすすめします。

配当金を受け取ることができる

キンカブですが一般的な株式と同じように、配当金をもらえることができます。
権利確定日に保有していた数量(1株未満も対象)に応じて、証券総合口座に入金されます。

配当金利回りが高い銘柄を中心に投資すれば、高配当のポートフォリオを組むことも可能です。
キンカブ自体、短期売買よりも長期保有に使いやすいサービスですので、配当金狙いの投資に活用してみましょう。

NISAを上手く活用できる

キンカブでは金額指定で株を購入できますので、NISA等の非課税制度を上手に利用することができます。

例えばNISAの場合、年間120万円まで非課税枠で株を買い付けることが可能です。
通常の株式で購入する場合、銘柄によって株価が異なるので120万円ぴったりで買い付けることが難しくなっています。

キンカブを利用すれば、金額指定により非課税枠の上限ぴったりで購入できるので、無駄なくNISAを活用することができます。
ジュニアNISAでも非課税枠(年80万円)をフルで利用できるので、NISAをお使いの際は活用してみましょう。

積立が可能

キンカブは定期積立も行えるようになっています。
通常の買付時と同じく、500円から500円単位で設定できます。

売買月は「毎月」「奇数月」「偶数月」の中から指定し、売買日は「5日」「10日」「15日」「20日」「25日」から指定できます。
手数料も通常時と同じで100万円まで無料です。

積立にかかるコストは他に発生しませんので、定期的に購入したい銘柄を積み立てるのに便利なサービスとなっています。
定期的に積立を行うことで平均取得単価を下げることができ、買付タイミングに悩むことなく投資できることがメリットになります。

FROGGY (フロッギー) で記事を楽しみながら発注できる

SMBC日興証券には、FROGGY (フロッギー) と呼ばれるキンカブの取引ルールを使用したコンテンツが提供されています。

投資に関する記事が毎日投稿されており、知識を得ながら株を取引できることが魅力です。
記事の中で紹介した銘柄をそのまま注文することができ、個人投資家がおすすめする銘柄を買い付けることが可能です。

取引画面はキンカブよりも見やすい仕様となっているので、まだ株に慣れていない初心者の方に最適なサービスと言えます。


FROGGY(フロッギー)

キンカブ(FROGGY)のデメリット

リアルタイムの注文はできない

これは他の単元未満株サービスと同じですが、ザラ場(市場が空いている時間)にリアルタイムでの買付は行えません。

当日に前場注文を行いたい場合は、午前8時までに行う必要があります。
後場注文は11時半まで、それ以降の注文はすべて翌営業日の注文となります。

またFROGGY (フロッギー) の場合、前場注文・後場注文を選ぶことができず、直近の場しか発注できません。
あらかじめ後場注文を行いたい時は、キンカブで行うようにしましょう。

キンカブ(FROGGY)の口コミは?

キンカブ(FROGGY)の運用実績

銘柄 毎月積立金額 利回り
東京インフラ・エネルギー (9285) 2,000円 7.83%
カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人 (9284) 2,000円 7.46%
タカラレーベン・インフラ投資法人 (9281) 2,000円 6.35%
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 (9283) 2,000円 6.96%

現在は配当利回りの高いインフラファンドに積立を行っています。
また下落時にはスポット買い(まとめ買い)を行っています。

中長期保有に活用できるサービスですので、インフラファンドだけでなく高配当の大型株などをコツコツ積み立てていくのに便利と言えます。

キンカブ(FROGGY)のキャンペーン情報

キンカブ(FROGGY)のまとめ

  • 買付手数料が100万円まで無料
  • 500円から株を購入・積立できる
  • FROGGYで知識を得ながら投資できる
  • 配当を受けられる
  • 定期積立により平均取得単価を下げることが可能

キンカブですが、100万円まで買付手数料無料という他社を圧倒する手数料体系が魅力です。
他社の単元未満株は手数料が発生するので、少額では手数料負担が大きいことがデメリットでした。

キンカブの場合500円からコストを気にせず購入できるので、少額資金でも多くの銘柄に幅広く投資することができます。
単元株に達すれば優待も受けることができるので、配当もしくは株主優待狙いで積み立てていくのも良いかと思います。

特に初心者の方が株に慣れるのに活用できるサービスであり、少しでも興味のある方はこの機会にワンコイン投資をはじめてみることをおすすめします。

「キンカブ」はSMBC日興証券のサービスですので、SMBC日興証券の口座開設が必要です。
口座開設費用・維持手数料などはすべて無料です。

SMBC日興証券