信託報酬引き下げで最安ファンドに!Smart-i 国内債券インデックスの評価と解説

Smart-i 国内債券インデックス

Smart-i 国内債券インデックスは、国内債券を投資対象としているインデックスファンドになります。
購入時手数料ゼロの「Smart-i」シリーズとして、2017年8月29日に設定されました。

2019年3月26日より、現行の信託報酬年0.14%から年0.12%に引き下げられる予定です。

スポンサーリンク

Smart-i 国内債券インデックスの詳細

投資対象国内債券
ベンチマークNOMURA-BPI総合
購入手数料無料
最低積立金額100円~
信託報酬年0.14%(税別)
(2019/3/26から年0.12%)
純資産総額0.95億円
設定日2017年8月29日
決算日年1回(6/25)
信託財産留保額無料
償還日無期限
投資形態ファミリーファンド方式
運用会社りそなアセットマネジメント株式会社

Smart-i 国内債券インデックスの特徴

Smart-i 国内債券インデックスですが、現状では2番目に低いコストの国内債券インデックスファンドであることが特徴です。
さらに2019年3月26日に信託報酬引き下げが予定されており、年0.12%と単独最安トップに躍り出ることになります。

現在は、eMAXIS Slim 国内債券インデックスニッセイ国内債券インデックスファンド(どちらも年0.139%)が最安の信託報酬となっています。
これらのファンドを一気に抜くことになり、低コスト競争がますます激しくなっています。

おそらくeMAXIS Slim 国内債券インデックスも追随してコスト引き下げを実行すると思いますが、現段階では3月26日以降、最安コストで投資できることは魅力となります。

「Smart-i シリーズ」は全体的にかなり低コストで攻めていますが、後発のシリーズであるため現在も純資産が伸び悩んでいます。
ただ最近は販売会社拡充も行っており、今後個人投資家に少しでも注目されることを願いたいですね。

資産構成

対象資産比率
債券99.6%
先物 0.0%
現金など0.4%
その他6.7%

ポートフォリオ特性値

平均残存年数9.89年
最終利回り-0.31%
直接利回り0.89%
修正デュレーション9.01

組入銘柄

銘柄クーポン満期日比率
第312回利付国債(10年)1.20%2020年12月20日1.2%
第338回利付国債(10年)0.40%2025年3月20日1.0%
第329回利付国債(10年)0.80%2023年6月20日0.9%
第340回利付国債(10年)0.40%2025年9月20日0.9%
第137回利付国債(5年)0.10%2023年9月20日0.8%

運用成績は?

期間ファンドベンチマーク
1カ月+0.4%+0.4%
3カ月+1.5%+1.6%
6カ月+0.9%+0.9%
1年+1.3%+1.5%
設定来+1.0%+1.4%

※2019年1月31日時点

2018年は世界で株安となる中、国内債券はプラスリターンとなりました。
依然リスクヘッジとしては有効であり、安全に運用したい方はポートフォリオの一部に組み込むことをおすすめします。

実質コストは

年度実質コスト(税抜)
2018年
(2017年8月29日~2018年6月25日)
0.138%

Smart-i 国内債券インデックスの評価

Smart-i 国内債券インデックスは、比較的安全資産である国内債券に低コストで投資できることが評価されています。
信託報酬減額も予定されているので、少しでも低くコストを抑えて運用したい場合は検討価値があるでしょう。

最近勢いが増しているSmart-iシリーズですが、今後もさらなる快進撃に期待したいですね。

Smart-i 国内債券インデックスを購入できる会社はこちら

販売会社は下記となっております。
現在はネット証券のみの取り扱いとなっています。

販売会社 楽天証券
SBI証券
マネックス証券
松井証券
スポンサーリンク

シェアする