信託報酬変更で最安のファンドに!ニッセイ国内債券インデックスファンドの評価・解説

<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンドは、国内の債券を投資対象としているインデックスファンドです。

ニッセイインデックスシリーズの一つとして2015年1月29日に設定されました。

なお2017年11月21日に信託報酬の引き下げが行われる予定で、現在の年0.145%から年0.139%に変更されます。

スポンサーリンク

ニッセイ国内債券インデックスファンドの詳細

参考指数NOMURA-BPI総合
ファンド種別インデックス型
資産構成国内債券
設定日2015年1月29日
最低積立額100円から
購入手数料無料
信託報酬年0.145%(税別)以内
2017年11月21日から年0.139%
純資産総額約56億円
決算日年1回(11/20)
信託財産留保額なし
償還日無期限
投資形態ファミリーファンド形式
資産構成債券:99.0%
現金、その他:1.0%
運用会社ニッセイアセットマネジメント株式会社

ニッセイ国内債券インデックスファンドの特徴

ニッセイ国内債券インデックスファンドは、信託報酬が年0.145%(税別)と非常に低いことが特徴です。
ただ最安でなく、後発ファンドであるeMAXIS Slim 国内債券インデックスとiFree 日本債券インデックス(共に年0.14%)よりもわずかに高めであります。

その状況を打破すべく2017年11月21日に信託報酬改定が行われる予定で、この改定により現在の年0.145%から年0.139%に減率されます。
現在の最安ファンドを0.001%下回ることとなり、最安ファンドの座につくことになります。

債券インデックスファンドは高いリターンが期待できない分、保有コストはできる限り低くおさえたいところですので、今回の信託報酬引き下げは評価されるものだと思います。

ポートフォリオ情報

平均格付AAA
平均修正デュレーション8.99年
平均最終利回り0.09%
平均クーポン1.29%
平均直利1.10%
銘柄数36

組入上位10銘柄

銘柄比率
第125回 利付国債(20年)7.1%
第152回 利付国債(20年)6.6%
第321回 利付国債(10年)5.8%
第373回 利付国債(2年)5.5%
第38回 利付国債(30年)5.4%
第328回 利付国債(10年)5.4%
第100回 利付国債(20年)4.8%
第123回 利付国債(5年)4.6%
第49回 利付国債(20年)4.3%
第55回 利付国債(20年)4.1%

利回り・運用パフォーマンスは?

期間ファンドベンチマーク
1カ月0.5%0.5%
3カ月0.2%0.3%
6カ月 0.4% 0.4%
1年-1.4%-1.2%
設定来3.8%4.3%

※2017年8月31日時点

昨年6月ごろをピークに下落が続いておりましたが、今年に入ってややプラスリターンのほぼ横ばいで推移しています。

純資産は緩やかながらも上昇しており、50億円を突破しています。

ニッセイ国内債券インデックスファンドの評価

ニッセイ国内債券インデックスファンドですが、国内債券インデックスファンドの中では低コストで投資が行えることが評価できます。

さらに11月下旬に信託報酬引き下げが予定されており、最安の国内債券インデックスファンドとなる予定です。
株式だけでなく債券ファンドでもさらなる低コスト競争がはじまりそうですね。競合ファンドの動向にも注目しましょう、

ニッセイ国内債券インデックスファンドを購入できる会社はこちら

購入可能な主な会社は、SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券GMOクリック証券カブドットコム証券となります。

スポンサーリンク

シェアする