日本除く全世界株式ファンドでは最安!野村つみたて外国株投信の評価・解説

野村つみたて外国株投信は、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、配当込み、円ベース)と連動する動きを目指す外国株式インデックスファンドです。

2017年10月2日より「つみたてNISA」にも対応する商品として、野村アセットマネジメントから設定されています。

スポンサーリンク

野村つみたて外国株投信の詳細

投資対象日本を除く全世界株式
ベンチマークMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、配当込み、円ベース)
購入手数料無料
最低積立額100円から
設定日2017年10月2日
信託報酬年0.19%(税別)
純資産総額3.6億円
決算日年1回(5/12)
信託財産留保額なし
償還日無期限
為替ヘッジなし
投資形態ファミリーファンド方式
資産配分先進国株式・・・87.2%
新興国株式・・・12.8%
現金・その他・・・0.0%
全組入銘柄数・・・2,182銘柄
運用会社野村アセットマネジメント

野村つみたて外国株投信の特徴

野村つみたて外国株投信は、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、配当込み、円ベース)をベンチマークとするインデックスファンドの中で、最安の信託報酬であることが特徴です。

同しベンチマークの低コストファンドである三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド(年0.25%)や、ETFの「上場インデックスファンド 世界株式(MSCI ACWI)除く日本」(年0.30%)を下回るコストで登場しました。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、配当込み、円ベース)は、日本を除く先進国(22か国)と新興国(23か国)の株式(大型株・中型株)を投資対象としています。
このファンド一つで日本を除く全世界株式に、低コストで分散投資が行えることが魅力的と言えます。

国・地域別配分

国・地域名比率
アメリカ54.7%
イギリス6.1%
フランス3.6%
ドイツ3.6%
カナダ3.5%
その他の国・地域28.4%

組入業種

国・地域名比率
銀行10.4%
石油・ガス・消耗燃料6.1%
医薬品4.9%
インターネットソフトウェア・サービス4.3%
保険4.1%
その他の業種68.8%

組入銘柄

銘柄比率
アップル2.1%
マイクロソフト1.5%
アマゾン1.1%
フェイスブック1.0%
ジョンソン・エンド・ジョンソン0.9%
JPモルガン・チェース0.9%
エクソンモービル0.8%
アルファベット C0.75%
アルファベット A0.7%
バンク・オブ・アメリカ0.7%

アップル・マイクロソフトをはじめとした、世界を代表する有名企業が上位を占めております。
上位10銘柄でも全体の10.6%と、幅広い銘柄に投資を行っていることがわかります。

運用成績・利回りは

期間別騰落率

期間ファンドベンチマーク
3か月0.7%0.8%
3か月-%-%
6か月-%-%
1年-%-%
3年-%-%
5年-%-%
設定来2.8% 2.9%

※2017/11月末時点

年間別騰落率

年次ファンドベンチマーク
2016年6.0%
2015年-3.0%
2014年20.8%
2013年49.5%
2012年32.5%

運用から約1か月が経ちましたが、配当込指数とほぼ同じパフォーマンスとなっています。

野村つみたて外国株投信の評価

野村つみたて外国株投信ですが、全世界株式(日本除く)に最安コストで分散投資を行えることが評価できます。
それまで最安だった三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンドを、大きく下回る保有コストになっています。

ちなみに日本を含む全世界株式に投資したい場合は、楽天・全世界株式インデックス・ファンド(年0.22%)が最有力ファンドになるでしょう。

本ファンドは、日本株式を投資対象としない場合に一番手となる全世界株式ファンドとなり、実質コストも含めて今後の運用パフォーマンスに注目したいですね。

野村つみたて外国株投信を購入できる会社はこちら

現在のところ野村證券をはじめ、下記の会社などで取扱いがあります。
今後増えていくかは不明ですが、ほかのネット証券でも取り扱いが行われることに期待したいですね。

購入可能な主な会社は、SBI証券楽天証券マネックス証券新生銀行、野村證券、みずほ証券となります。

スポンサーリンク

シェアする