資金ゼロから積立できる!マネーハッチの評判と口コミを解説!

マネーハッチ

マネーハッチとは、インヴァスト証券が提供している積立投資サービスのことです。
元手資金ゼロから積立投資が行えることが特徴となっています。

マネーハッチの詳細情報

項目 詳細
投資対象 国内ETF・海外ETF
売買スプレッド 1銭程度(変動あり)
取引手数料 無料
為替手数料 無料
入出金手数料 無料
運用会社 インヴァスト証券

マネーハッチは「トライオートETF」という、自動売買ツールの中で提供されている積立投資サービスになります。
トライオートETFを利用しなくても、マネーハッチ単独で運用を行っていくことが可能です。

▼公式サイトはこちら▼
マネーハッチ

マネーハッチの特徴・メリット

資金0から積立投資が行える

マネーハッチでは資金ゼロから自動運用を行えることが最大のメリットと言えます。

積立資金の捻出方法は全部で3つあり、クレジットカード利用による獲得ポイントトレードによるキャッシュバックトライオートETF&銀行口座からの振替から選択できます。

インヴァストカードポイント積み立て

インヴァストカード

「インヴァストカード」と呼ばれる、インヴァスト証券が発行するクレジットカードで積立資金を貯めることができます。

項目 詳細
ポイント還元率 1.00%
ポイント還元率
(ジャックスモール経由)
1.50%~12.00%
年会費 初年度無料
2年目以降 年1,250円(税抜)br>
※前年に年1回利用で無料
ブランド VISA

通常の還元率も1%と高く、ジャックスモール経由の場合は最大12%まで還元率が高くなります。
アマゾンや楽天と言った人気ショップでもポイント還元されますので、効率よく積立資金を貯めていくことができるでしょう。

※還元されるポイントは「インヴァストカード利用による還元ポイント」+「ジャックスモール経由によるポイント」です。

貯まったポイントは1ポイント⇒1円で自動的に現金化され、マネーハッチ口座に入金されます。
こちらで現金に換金する手間がなく、さらに入金まで自動で行ってくれます。

年会費は初年度が0円で2年目以降発生しますが、前年に一回でも利用すれば無料となります。
保険は国内旅行傷害保険(最高1,000万円)、盗難保険、不正利用損害補償があります。

カードの利用をしていくだけで勝手に積立資金が貯まっていき、運用も自動行ってくれるので、一番利便性が高い方法と言えるでしょう。

▼インヴァストカードの詳細はこちら▼
インヴァストカード

トレードによるキャッシュバック積み立て

こちらは期間限定ですが、FXなどの取引によるキャッシュバックで積立が行える方法になります。

対象となる投資サービスは「トライオートFX」、「シストレ24」、「くりっく365」です。

1万通貨あたりのキャッシュバック金額は下記となります。

投資サービス キャッシュバック額
トライオートFX 10円
シストレ24 30円
くりっく365 10円

他のサービスでトレードをしながら、キャッシュバックでお得に積立を行いたい方におすすめと言えるでしょう。

トライオートETFからの口座振替

トライオートETF口座から直接振替を行って、積立運用を行っていくことも可能です。
最低振替金額は500円となっており、週1回もしくは月1回のタイミングで設定することができます。

振替では、後述する銀行口座振替よりも少ない金額で行えますので、少額で運用を行っていきたい方におすすめでしょう。

銀行口座からの自動引き落とし

マネーハッチですが、銀行口座からの振り替えでも運用できるようになっています。
最低振替金額は1万円からとなっていますので、「少額では物足りない」、「よりまとまった金額で行いたい」という方にぴったりな積立方法だと思います。

国内&海外ETFによるCFD自動売買

マネーハッチでは、CFD(差金決済取引)を用いて国内&海外ETFに投資を行っています。
CFD(差金決済取引)のメリットとしては、

  • 少額(0.1口)で取引できる
  • レバレッジ取引が行える
  • 取引手数料が無料
  • 元本為替変動リスクを排除

CFDを利用することで円のまま投資でき、為替変動のリスクを無くすことができます。
通常は海外ETFに投資を行うと、為替変動リスクが付いてきますので、為替リスクを排除できることがメリットと言えます。

また0.1口から買付ができますので、少ない資金でも自動運用を行うことが可能です。
銘柄によっては1,000円以下で買えるものもありますので、他の投資商品よりも資金面でのハードルが低い投資商品となります。

為替の影響をうけませんので、長期間の運用でも安定したパフォーマンスで推移しています。

様々な投資スタイルから選ぶことができる

マネーハッチでは用意されている投資スタイルを選択することで、運用方針を決めることができます。
投資タイプには低リスクの「リスク重視」、安定型の「バランス重視」、高い収益を目指す「リターン重視」の3つがあります。

その3つの投資スタイルの中にある銘柄を選択するのですが、マネーハッチのスタート当初は、下記で紹介する3つの銘柄のみ選択できるようになっています。

世界株ETF自動売買

投資スタイル バランス重視
銘柄 世界株ETF自動売買
投資対象ETF iシェアーズ MSCI ACWI ETF
構成銘柄 世界46カ国、2,464もの銘柄が採用
主な投資銘柄 アップル、マイクロソフト、アマゾンなど
最小投資金額 750円(0.1口)
年平均リターン 5.45%

「世界株ETF自動売買」は、最初の段階で一番おすすめする銘柄になります。
これ一つで世界株式の80%以上に分散投資が行えますので、リスクがある程度抑えられると同時に高いリターンも期待できます。

実際に組み入れられている銘柄は約2,400銘柄にも上り、新興国含む世界全体の株式に投資を行うには最適な投資スタイルとなっています。

上位5銘柄
マイクロソフト
アップル
アマゾン
iシェアーズ MSCI インディア・インデックス ETF
ジョンソンエンドジョンソン

「iシェアーズ MSCI インディア・インデックス ETF」とは、インド株式市場に連動した動きを目指すETFのことです。
MicrosoftやAppleなど世界を代表するテクノロジー企業に多く投資しています。

最小投資金額も他と比較して少なく、どれを選ぶか迷われた方は、まずは「世界株ETF自動売買」からはじめると良いでしょう。

日経225ETF自動売買

投資スタイル リターン重視
銘柄 日経225ETF自動売買
投資対象ETF 日経225連動型上場投資信託
構成銘柄 東証1部上場の225銘柄で構成
主な投資銘柄 ファーストリテイリング、ファナック、ソフトバンクグループなど
最小投資金額 2,100円(0.1口)
年平均リターン 7.38%

日経平均をベンチマークとしているETFで運用を行っています。
アベノミクスの影響もあり現在は成績が好調ですが、日経平均に採用されている銘柄に偏った投資を行っていますので、分散力が弱くリスクも高いことには注意した方が良いでしょう。

上位5銘柄
ファーストリテイリング
ソフトバンクグループ
ファナック
ユニー・ファミリーマートホールディングス
KDDI

ユニクロやソフトバンクと言った日本を代表する企業に投資しています。
ただ上位3銘柄の比率がかなり高く、3つの企業の値動きに大きく左右されることが課題とされています。

S&P500ETF自動売買

投資スタイル リターン重視
銘柄 S&P500ETF自動売買
投資対象ETF SPDR ®S&P 500® ETF
構成銘柄 米国取引所上場の代表的な銘柄500種
主な投資銘柄 アマゾン、JPモルガン・チェース、グーグルなど
最小投資金額 2,750円(0.1口)
年平均リターン 4.93%

S&P500を投資対象としているETFにて運用を行っています。
米国株式全体に幅広く分散投資が行えることが特徴となっています。

上位5銘柄
マイクロソフト
アップル
アマゾン
バークシャー・ハサウェイ
ジョンソンエンドジョンソン

上位銘柄は「世界株ETF自動売買」とほぼ同じ構成となっていますが、情報技術企業や金融業に多く投資していることが特徴です。

ただこちらも米国株式のみで分散力に乏しく、長期投資の観点からはリスクが高いと言えますので、選ぶ際は十分リスクを承知したうえで選択するようにしましょう。

世界株ETF自動売買1.5倍(積立金額1万円以上でロック解除)

投資スタイル バランス重視(レバレッジ1.5倍)
銘柄 世界株ETF自動売買1.5倍
投資対象ETF iシェアーズ MSCI ACWI ETF【MSCIワールド】
構成銘柄 世界46カ国2,464銘柄が採用
主な投資銘柄 アップル、マイクロソフト、アマゾンなど
最小投資金額 500円(0.1口)
年平均リターン 8.89%

積立総額が1万円を超えれば、選択できる投資スタイルです。
レバレッジをかけて効率よくリターンを狙っていく投資手法となっています。

最小投資金額も500円からと最安で行えますので、世界株式にややリスクをとって高い収益を狙いたい場合におすすめです。

日経225ETF自動売買1.2倍(積立金額1万円以上でロック解除)

投資スタイル リターン重視(レバレッジ1.2倍)
銘柄 日経225ETF自動売買
投資対象ETF 日経225連動型上場投資信託
構成銘柄 東証1部上場の225銘柄で構成
主な投資銘柄 ファーストリテイリング、ファナック、ソフトバンクグループなど
最小投資金額 1,750円(0.1口)
年平均リターン 9.32%

S&P500ETF自動売買1.2倍(積立金額1万円以上でロック解除)

投資スタイル リターン重視(レバレッジ1.2倍)
銘柄 S&P500ETF自動売買
投資対象ETF SPDR ®S&P 500® ETF
構成銘柄 米国取引所上場の代表的な銘柄500種
主な投資銘柄 アマゾン、JPモルガン・チェース、グーグルなど
最小投資金額 2,292円(0.1口)
年平均リターン 6.18%

投資資金は100%分別保管される

マネーハッチに預けた資金は、三井住友銀行(信託銀行)に100%分別保管されています。
万が一運営元や信託銀行が破産しても、お金が戻ってくるので安心です。

マネーハッチの欠点・デメリット

スプレッドと金利コストが掛かる

マネーハッチですが、取引手数料と為替手数料が無料であることがメリットの一つと言えます。
ただその代償と言いますか、レバレッジ取引の際に掛かる「1.25%+Libor」の金利コストを負担しないといけません。

またCFD取引を行っていますので、スプレッドと呼ばれるコストもかかります。
スプレッドは日々変動しておりますが、おおむね1銭前後となっています。

マネーハッチは、実質的コストとして「スプレッド+1.25%+Libor」を負担する必要があることがデメリットになります。

確定申告する必要がある

マネーハッチでは特定口座に対応していないため、自分で確定申告を行う必要があります。
一般的な証券会社では特定口座に対応しているので、証券会社が税金の納付まで代わりに行ってくれます。

マネーハッチで一定の利益を得られた場合は雑所得となるので、納税の義務が発生します。
申告分離課税の対象となるので、自身で確定申告する手間があることがやや不便と言えます。

市場価格との乖離が発生する可能性あり

マネーハッチですがインヴァスト証券との相対取引となっているため、市場価格をもとにインヴァスト証券独自のレートで約定します。

独自の価格のため、提示レートが市場価格から乖離する可能性があります。

マネーハッチの口コミ

マネーハッチ運用報告

投資スタイル 世界株ETF自動売買1.5倍
積立方法 トライオート口座振替
積立金額 月500円
積立総金額 14,910円
投資銘柄 iシェアーズ MSCI ACWI ETF【MSCIワールド】
口数 0.5口
実現損益 +561円
評価損益 -95円
総合損益 +466

直近取引詳細

約定日 銘柄 売買損益
2019-07-15 iシェアーズ MSCI ACWI ETF【MSCIワールド】 21円
2019-06-10 iシェアーズ MSCI ACWI ETF【MSCIワールド】 10円
2019-06-10 iシェアーズ MSCI ACWI ETF【MSCIワールド】 10円

トライオートETF口座振替の最小単位月500円で積立をはじめました。
少額でも積立できるのは魅力的ですね。

トライオートETF口座からの振替は自動で行ってくれますので、あらかじめある程度の金額を入金しておけば、その都度入金することがなく便利だと思います。

一定の利益が出たところで、自動的に売却を行っていることがわかります。
約定時はメールでお知らせが来ますので安心です。

積立金額が1万円以上となりましたので、1.5倍のレバレッジで投資できる「世界株ETF自動売買1.5倍」に変更しております。
現在のところ466円の総合損益となっているので、積立金額から+3.13%のリターンとなっています。

マネーハッチの評価まとめ

  • 資金ゼロから積立資金を貯められる
  • 世界分散投資が可能
  • 少額で自動運用がはじめられる
  • スプレッドと金利コストの負担がある
  • 資金は100%分離保管されている

マネーハッチですが、クレジットカードの還元ポイントを積立資金とする、他にはない画期的な投資サービスだと言えます。
また投資スタイルを選択するだけで自動運用をはじめられますので、初心者の方でも利用しやすい環境がそろっています。

インヴァストカードで積立を設定すれば資金がなくても開始できますので、普段「カード還元によるポイントを利用しない方」もしくは「余らせてしまっている方」にもおすすめできるでしょう。

さらに1,000円以下から開始できるので、少額資金で積立したい場合もおすすめです。
マネーハッチを利用するには、トライオートETFの口座開設をする必要があります。

▼口座開設はこちら▼
マネーハッチ