投信工房は便利!松井証券で積立投資(投資信託)をはじめるメリットと詳細

松井証券は選び抜かれた投資信託だけを取り扱っていて、積立投資に大活躍間違いなしの証券会社になります。

この記事では松井証券で積立投資を行うメリットを、余すことなくご紹介していきます。

松井証券

投資信託

松井証券は最近まで投資信託を取り扱っていませんでした。
しかし2016年後半についに投資信託の取り扱いが発表される運びとなりました。
さらにラインアップは全121本のうち全てがノーロード(購入手数料無料)投資信託であって、ほとんどがインデックスファンドでもあります。

例に挙げると、2016年に「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」で3年連続の1位に輝いたニッセイ外国株式インデックスファンドはもちろん、ニッセイTOPIXインデックスファンド、今年設定されたばかりの「eMAXIS Slimシリーズ」といったインデックスファンドを取り扱っています。

またアクティブファンドも、ひふみプラスノーロード明治安田日本株式アクティブひとくふう先進国株式ファンドと低コストで運用できるファンドを中心に扱っております。

つまり厳選されたファンドだけを取り扱っていることで、初心者の方がどれを選んだらいいかわからないという悩みに答えた形となっています。
これで変なファンドを選んでしまい大きく損をしてしまったということも起きないですね。

毎月100円から積立可能に!

今まで積立可能な最低金額は500円とワンコインから行えていましたが、2017年6月10日をもってさらに安くなり、なんと100円から積立可能になります!

これでさらに細かく分散された運用が可能になりますので、投資家にとっては本当にありがたいことになりますね。

投信工房は凄い

松井証券が無償で公開しているロボアドバイザーである投信工房はポートフォリオを考えるのが苦手な人にとって、大助かりなツールとなっています。
このロボアドバイザーが教えてくれるとおりに運用を行っていくことで、効果的な資産運用を行っていけるでしょう。

さらに6月末にはアプリも提供されて、ますます利便性が高くなっています。

投信工房の解説記事はこちら

iDeCo取扱いに期待

松井証券では現在のところ個人確定拠出年金(iDeCo)の取り扱いがありませんので、もしiDeCoを始めたいと思った時は、別の証券会社を開設しなければいけません。

2016年に投資信託が新たに取扱い開始されましたので、もしかしたら今後個人確定拠出年金(iDeCo)の取り扱いも発表される可能性もあるかもしれませんね。

松井証券で積立投資を行うメリットまとめ

松井証券ですが高いコストが掛かる投資信託の取り扱いをしないなど、初心者に優しい証券会社と言えます。
さらに投信工房という素晴らしいロボアドバイザーも無料で提供している点も、松井証券の投資信託に懸けている強い気持ちが伝わってきますね。
この投信工房を利用することで、誰でも簡単にリバランス(資産配分の再調整)付き分散投資が行えます。

投資信託で運用していくにあたってメリットの大きい会社ですので、初心者の方はもちろん、より多くの方に松井証券をおすすめしたいです。

利用料0円!ロボアドバイザーが資産運用をトータルサポート◆松井証券の『投信工房』◆