実質信託報酬最安ファンドが登場!eMAXIS Slim 先進国債券インデックスの評価・解説

eMAXIS Slim 先進国債券インデックスは、幅広い先進国の国債を投資対象とするインデックスファンドです。
低コストで話題のeMAXIS Slimインデックスシリーズの一つとして2017年2月末に設定されました。

2019年5月14日付で年0.17%から年0.140%に、信託報酬引き下げが行われる予定です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

eMAXIS Slim 先進国債券インデックスの詳細

参考指数 シティ世界国債インデックス(除く日本)
購入手数料 無料
信託報酬 年0.17%(税別)以内
(2019年5月14日から年0.140%)
純資産が500億円以上0.165%
純資産が1000億円以上0.16%
純資産総額 3.80億円
決算日 年1回(4/25)
信託財産留保額 なし
償還日 無期限
為替ヘッジ なし
投資形態 ファミリーファンド方式
運用会社 三菱UFJ国際投信株式会社

eMAXIS Slim 先進国債券インデックスの特徴

eMAXIS Slim 先進国債券インデックスは、先進国債券ファンドとしては最も低い信託報酬(年0.17%)であることが特徴になります。
保有時に掛かるコストは運用成績にも影響を与えますので低ければ低いほどリターンが期待できます。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンドも同じ年0.17%の信託報酬で並んでおりますが、本ファンドの方は純資産が500億円以上部分は信託報酬が0.165%と引き下げられて、さらに純資産が1,000億円以上部分0.16%になることから、実質の最安ファンドはeMAXIS Slim 先進国債券インデックスと言えますね。

ただ純資産500億円以上は、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016」1位に選ばれたニッセイ 外国株式インデックスファンドでさえ3年半程度要していますので、保有コスト引き下げの恩恵を受けるのはまだまだ先になりそうですね。

本ファンドが新たに設定されたことにより、以前から運用されていて同じマザーファンドに投資しているeMAXIS 先進国債券インデックス(信託報酬0.60%)の存在意義が薄くなりますので、当ファンドに投資している方はeMAXIS Slim 先進国債券インデックスに乗り換えを検討した方が宜しいでしょう。

できればそのまま信託報酬の引き下げを行って欲しかったですね^^;
まあ色々会社としての戦略もありますし、仕方ない部分ではあります。

組み入れ比率など

組入上位10ヵ国・組入通貨比率

運用成績は?

期間 ファンド ベンチマーク
1カ月 1.87% 1.83%
3カ月 4.00% 3.74%
設定来 3.97% 3.91%

まだ運用が始まったばかりですが、今のところはベンチマークを上回る成績を残しています。

分配金は?

まだ決算を迎えておりませんので分配金が出るかどうかは不明です。

個人投資家の評判は?

eMAXIS Slim 先進国債券インデックスの評価

eMAXIS Slim 先進国債券インデックスの最大の特徴は、なんといっても先進国債券ファンドとして最安のコストで運用できることに尽きますね。
今後順調に純資産が増えていけば、さらに信託報酬も下がっていきますので、今後の運用に注目していきましょう。

現段階でも先進国債券インデックスファンドの中では、コストが安く一番おすすめできるファンドとなります。
もしポートフォリオに先進国債券を加えるなら、本ファンドが最有力候補になること間違いないと言えるでしょう。

eMAXIS Slim 先進国債券インデックスを購入できる会社はこちら

証券会社 ポイント
SBI証券 ノーロード投信の取扱数No.1
iDeCoは口座管理手数料が無料になり、年間コスト最安で利用可能。
楽天証券 投資信託が100円から積立・買付が可能です。
個人型iDeCoで掛かるコストは最安水準になります。
マネックス証券 純金積立における手数料は最安レベル
投資信託も豊富に取り揃えてて毎日積立も行えます。
松井証券 投資信託は100円から積立可能になります!
ほとんどインデックスファンドであり、さらに投信工房という強力なサポートツールが好評です。
カブドットコム証券 投資信託は500円から積立可能です。
さらに毎日積立も行えて究極のドル・コスト平均法が実現できます。

他にもGMOクリック証券、ジャパンネット銀行から購入できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
インデックスファンド投資信託
g39wajzgをフォローする
スポンサーリンク
積立投資で資産運用を始めよう