ドル・コスト平均法のメリットとデメリット

「ドル・コスト平均法」とは積立投資において有効な投資の手法の一つとされています。
この記事ではドル・コスト平均法のメリット・デメリットをわかりやすくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ドル・コスト平均法の詳細

ドル・コスト平均法の手法は毎月同じ一定の金額を購入していくことにより、購入単価を平準化することが可能となります。

ドル・コスト平均法のメリット

平均購入価格を下げることが可能

価格が高いときは少なく積立して、逆に価格が安くなった時は多く積み立てる手法ですので、平均購入価格を安くすることができ長期の積立には有利となるでしょう。
積み立て期間が長ければ長いほど購入価格を平準化することができ、大きく恩恵を受けれるでしょう。

現在の価格を気にすることなく投資できる

商品価格は常に上昇し続けるわけではありませんので、いずれ下落する場面があります。
そのため投資するときの価格が高い水準だと投資を行うのをためらうこともあるかと思います。
ドル・コスト平均法では毎月決まった金額を淡々と積み立てていくだけですので、価格が高い低いを気にすることなく投資することが可能となります。

ですので精神面でも他の投資手法より楽な気持ちでおこなえますね。

ドル・コスト平均法のデメリット

トレンド時には弱い

上昇が続くトレンド時や、下落が続くトレンド時にはドル・コスト平均法が有効とは言いづらいです。
上昇するのが初めからわかっていましたら一括でまとめて買っておいた方が利益が大きくなりますし、下落するのも把握できていたら積立も下落しきってから行いますよね。
ですのでドル・コスト平均法はどちらに動くのが見通しができない場面で行っていくのが有効と言えるでしょう。

ドル・コスト平均法のまとめ

ドル・コスト平均法は金額ベースで積み立てられる商品に利用可能な手法となります。
なので金額ごとに積み立てていける投信積立純金積立に利用していくのがおすすめになります。

あくまで投資手法の一つでどの場面でも通じる有効な手法ではありませんが、長期投資が前提となる投信積立純金積立には力を発揮できる手法ですので、ドル・コスト平均法を是非活用していくことをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする