低コスト&リバランス積立ができるロボアドバイザー!マネックスアドバイザーの評判と口コミ

マネックスアドバイザーとは、低コストではじめられるマネックス証券が提供しているロボアドバイザーのことです。
ロボアドバイザーの種類で分類される、「アドバイス型」と「投資一任型」のそれぞれの特徴を活かしたサービスとなっています。

スポンサーリンク

マネックスアドバイザーの詳細情報

マネックスアドバイザーは、マネックス証券から2017年10月25日(水)よりサービスの提供が開始されたロボアドバイザーサービスです。

国内ネット証券では初の国内ETFを対象としたロボアドバイザーサービスとなります。

項目詳細
種類投資一任型&アドバイス型ロボアドバイザー
投資対象国内ETF
最低投資金額1万円
手数料年0.3%(税抜)
積立可能額1万円から
運用会社マネックス証券

5つの質問に答えるだけで最適な資産運用プランが提案される

マネックスアドバイザーでは、下記の5つの質問に答えるだけで目標ポートフォリオを作成することができます。

  1. 株式の見通し
  2. 為替の見通し
  3. 日本の見通し
  4. 海外の見通し
  5. 不動産の見通し

国内&海外株価が今後上昇するかしないか、投資国は日本中心にするか海外中心にするかなど、簡単に答えられる内容となっています。

すべて答えると上記ポートフォリオが作成され、内訳・過去リターンのチェック・今後のリターン予測などを確認することができます。

上記の画像では「先進国株式(ヘッジなし)型」となっております。
積極的に株式に投資する方針にしましたが、それでも先進国債権の比率が多くなっていますので、高いリターンを狙いながらリスクもある程度抑える資産配分になるのではないかと思います。

マネックスアドバイザーの特徴・メリット

年0.3%と低いコストで運用可能

マネックスアドバイザーの運用に発生する手数料コストは年0.3%と、ロボアドバイザーとしてはかなり安いコストとなっております。

一般的な他のロボアドバイザーで発生する利用料は約1%前後となっていますので、コスト面での優位性があることがメリットになります。

リバランスに対応した積み立てが行える

マネックスアドバイザーの積立サービスは、毎月1万円から行えるようになっています。

積立金額を設定すれば、現在の資産配分を目標ポートフォリオに近づくように、自動で積み立てを行ってくれます。(スマート積立)
まさにリバランスに対応した積立サービスと言えます。

積立資金の入金方法は、「証券総合取引口座」もしくは「銀行口座」からの積立となります。

5万円からはじめられる

投資可能な初期金額は5万円からと、比較的少ない資金から始めることが可能です。
他社のロボアドバイザーでは10万円以上からという場合が多いですので、なるべく少額資金で運用を行っていきたい方にはぴったりなロボアドバイザーとなります。

さらに少ない資金でロボアドバイザー運用を始めたい方は、同社が別で提供しているマネラップ(MSV LIFE)(1万円から)を利用すると良いでしょう。

投資対象はiシェアーズシリーズの国内ETF

投資対象のETFは国内市場に上場している「iシェアーズETF」となります。

ETF銘柄名資産クラス
iシェアーズ TOPIX ETF国内株式
iシェアーズ・コア MSCI 先進国株(除く日本)ETF先進国株式
iシェアーズ・コア MSCI 新興国株 ETF新興国株式
iシェアーズ 米国債7-10年 ETF(為替ヘッジあり)先進国債券
iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)先進国社債
iシェアーズ Jリート ETF国内REIT
iシェアーズ 米国リート ETF海外REIT

上記のETF7銘柄はどれも低い運用報酬であり、全てを組み合わせて運用することで、低コストで世界分散投資が実現できるようになっています。

キャンペーン情報

現在マネックスアドバイザーでは、サービスリリースキャンペーンが開始中です。
2018年3月31日(土)までサービス利用料(年0.30%)無料となります。

マネックスアドバイザーの評価まとめ

  • 低いコストで世界分散投資が可能
  • 少額資金ではじめられる
  • 1万円からリバランス対応の積立が行える

マネックスアドバイザーは立ち位置としてはアドバイス型ロボアドバイザーとなりますが、自動積立にも対応しているロボアドバイザーとなっています。
「スマート積立」と呼ばれる目標ポートフォリオに近づくように自動で積立を行ってくれることも評価できます。

年0.3%とロボアドバイザーとしては非常に安いコストで、国際分散投資が行える点も魅力的でしょう。

マネックスアドバイザーは、マネックス証券で口座開設することで利用できます。

▼口座開設はこちら▼

スポンサーリンク

シェアする