• 楽天証券でポイントが貯まるカード投信積立ポイント投信積立サービスが開始されます!

SMBC日興証券で積立投資(投資信託、iDeCo)を行うメリットを解説!

SMBC日興証券は、三井住友グループの総合証券会社です。
1918年創業と古くからある日本3大証券会社の一つとなります。

スポンサーリンク

投資信託の詳細情報

SMBC日興証券の投資信託取扱い数は、大手証券会社の中ではトップクラスの数を誇ります。
1,000本以上のファンドがあり、たわらノーロード 新興国株式や好成績アクティブファンドの三井住友・配当フォーカスオープンなどを取り扱っています。

購入手数料無料のノーロードファンドも250本以上あります。

1,000円から積立可能

投信積立は毎月1,000円からはじめることができ、取り扱っている半数以上のファンドで積み立て可能になっています。
また購入手数料が発生するファンドは一律で手数料1.08%となっており、積立を利用せずに購入するよりお得に申し込むことができます。

さらに「バンク&トレード」と呼ばれる三井住友銀行との口座連携サービスを利用すると、すべてのファンドが購入手数料無料となります。(月の引落金額10万円まで)

銀行口座自動引き落としにも対応していて、多くの金融機関の中から指定可能です。
証券口座に入金する手間が省けますのでぜひ活用しましょう。

投信積立でdポイントが貯まる

投信積立の「投信つみたてプラン」を利用すると、初回引き落とし特典としてもれなく500ポイントがもらえます。
また引き落としされる度に3ポイントがもらえます。

「dポイント」はドコモ会員でなくても登録できるポイントサービスですので、この機会に利用される方は登録しておきましょう。

iDeCo(個人型確定拠出年金)の取扱いが開始!

SMBC日興証券でもiDeCo(個人型確定拠出年金)(SMBC個人型プラン)の取り扱いが2018年4月3日より開始されます。

加入手数料は2,777円、運用中に掛かる手数料は月422円となっています。

「SMBC個人型プラン」で選べるファンドは、元本保証型のファンドから三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド(信託報酬:年0.16%)となどの低コストファンドも対象となっています。

節税しながら老後資産が構築できるiDeCo(個人型確定拠出年金)は早くはじめるほどメリットが大きいですので、興味がありましたら今すぐ資料請求してみましょう。

SMBC日興証券で積立投資を行うメリットまとめ

SMBC日興証券ですが、国内大手証券会社の中でトップ水準の投資信託数を誇っていることが評価できます。

「たわらノーロード 先進国株式」といった低コストインイデックスファンドも多く取り扱っており、充実したラインナップと言えます。
投信積立でポイントが貯まることも、実質コストを下げることができるのでありがたいサービスですね。

話題のiDeCo(イデコ)もスタート予定で、他のネット証券に引けを取らない投資商品取り扱いとなっていますので、この機会にSMBC日興証券で積立投資をはじめてみることをおすすめします。

SMBC日興証券

スポンサーリンク

シェアする