信託報酬最安のTOPIXインデックスファンド!三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドの評価・解説

三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドは、TOPIX(配当込み)と連動した値動きを目指している、国内株式インデックスファンドになります。

旧ファンド名は「三井住友・DC日本株式インデックスファンドS」で、2017年9月21日から現在の「三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド」にファンド名が変更されました。
それと同時に信託報酬の引き下げが行われて、最安のTOPIXインデックスファンドになっております。

スポンサーリンク

三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドの詳細

ベンチマークTOPIX(配当込み)
購入手数料無料
最低積立金額100円から
設定日2011年12月9日
信託報酬年0.16%(税別)
純資産総額75.08億円
決算日年1回(11/30)
信託財産留保額なし
償還日無期限
投資形態ファミリーファンド方式
資産構成株式…99.0%
先物など… 1.0%
組入銘柄数…全1,640銘柄
運用会社三井住友アセットマネジメント株式会社

三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドの特徴

三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドは、TOPIX(配当込み)をベンチマークとするインデックスファンドの中で、年0.16%と最も低い信託報酬であることが特徴です。

冒頭でもお伝えしたとおり、以前は「三井住友・DC日本株式インデックスファンドS」というファンド名で、信託報酬は年0.19%でした。
それが2017年9月21日に「つみたてNISA」に対応する目的で、信託報酬の引き下げの実施、同時にファンド名も「つみたてNISA」向けであることをわかりやすいように変更されております。

年0.16%の信託報酬は、ニッセイTOPIXインデックスファンドeMAXIS Slim 国内株式インデックスたわらノーロード TOPIX(すべて年0.18%)を下回る水準となり、最安TOPIXインデックスファンドとなります。
iFree TOPIXインデックスが2017年10月2日に、現在の年0.19%から年0.17%に変更される予定ですが、これをも下回る保有コストになったことは驚きですね。

DC兼用であるため確定拠出年金専用ではなく、一般の方でも購入・積立可能です。

組入業種

組入銘柄

時価総額の大きいトヨタや、大手メガバンク、通信大手などが上位の銘柄になっております。

利回り・運用成績は?

期間ファンドベンチマーク
1カ月-0.1%-0.0%
3カ月+3.2%+3.3%
6か月+6.4%+6.5%
1年+24.0%+24.3%
3年+33.5%+34.6%
設定来+139.4%+144.0%
年間ファンドベンチマーク
2016年-0.0%+0.3%
2015年+11.8%+12.1%
2014年+9.9%+10.3%
2013年+53.8%+54.4%
2012年+20.3%+20.9%

ベンチマークは配当込み指数で、ファンドの成績は信託報酬控除後の成績となっています。
直近ではほとんど乖離がなく、信託報酬控除分程度で収まっています。

純資産総額は最近になって右肩上がりで伸びており、今後の運用パフォーマンスに期待ができるでしょう。

分配金は?

分配金は今まで一度も出しておりません。
今後も出さずに運用が続けられるものだと思います。

三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドの評価

三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドですが、国内のTOPIXインデックスファンドの中で最も安い信託報酬コストであることが評価できます。
新規に設定されたファンドではなく、既存のファンドの信託報酬を下げたことが特に評価できます。

ここにきて熾烈な低コスト競争が始まっておりますが、個人投資家にとってはこれ以上ない嬉しいトピックスと言えますので、各社競ってますます投資しやすい環境になることに期待したいですね。

三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドを購入できる会社はこちら

販売会社 SBI証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券
カブドットコム証券
スポンサーリンク

シェアする