業界最低水準!eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の評価・解説

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)は、国内の東証1部上場企業に幅広く投資することが可能なインデックスファンドになります。
eMAXIS Slimインデックスシリーズの一つとして2017年2月末に設定されました。

【追記】
※2017年10月2日付で信託報酬の引き下げが実施され、年0.18%から年0.17%(税別)に変更されています。
⇒さらに2017年11月10日より、再度信託報酬値下げが行われて、年0.159%となりました。

スポンサーリンク

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の詳細

参考指数TOPIX
購入手数料無料
つみたてNISA〇:対象
信託報酬年0.159%(税別)以内
純資産が500億円以上0.154%
純資産が1000億円以上0.149%
決算日年1回(4/25)
信託財産留保額なし
償還日無期限
為替ヘッジなし
投資形態ファミリーファンド方式
純資産総額49.78億円
資産構成実質国内株式組入比率:99.93%
現物:99.20%
先物:0.73%
組入銘柄数:2016銘柄
運用会社三菱UFJ国際投信株式会社

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の特徴

本ファンドは、TOPIX(東証株価指数)をベンチマークとするインデックスファンドで最も低いコスト(年0.159%)で運用できる点が特徴となっています。

さらにeMAXIS Slimシリーズではおなじみの、純資産増加(500億円以上)による信託報酬の引き下げも行われますので、現段階では実質的な最安TOPIXインデックスファンドと言えますね。

また、eMAXIS Slimシリーズは「業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指し続けるファンドシリーズ」となっていますので、他の信託報酬が安い新しいファンドが登場したとしても、追随して業界最安の信託報酬を維持することが期待されます。
つまり他の最安運用コストファンドが登場した場合、本ファンドも信託報酬の引き下げが行われるものと思われます。

組入銘柄

銘柄比率
トヨタ自動車 3.27%
ソフトバンクグループ 1.93%
三菱UFJフィナンシャル・グループ 1.85%
ソニー 1.77%
日本電信電話1.37%
三井住友フィナンシャルグループ 1.29%
キーエンス 1.23%
ホンダ 1.17%
リクルートホールディングス1.06%
KDDI1.03%

運用成績・利回りは?

期間ファンドベンチマーク
1か月5.54%4.72%
3か月 5.82%4.99%
6か月6.90%5.88%
1年 10.67%8.51%
設定来21.73%17.23%

運用開始からTOPIX指数にうまく連動がされているように見えます。
しかしファンドのリターンには配当相当分が含まれていますので、実際のリターンはもう少し低くなることに留意が必要です。

また純資産も新ファンドとしては驚異的なスピードで増えており、人気の高さがうかがえます。

分配金は?

まだ決算を迎えておりませんので分配金が出るかどうかは不明です。

実質コストは?

決算年度
(対象期間)
実質コスト
2017年
(2017/2/27~2018/4/25)
0.218%

全体の運用報告書にて、2017年の実質コストは0.218%と判明しています。

個人投資家の評判は?

個人投資家の評判は?

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の評価

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)は、業界最安運用コストを目指していることもあり、信託報酬が最も低い点が評価できます。
運用に掛かる保有コストはリターンに響いてきますので、なるべく安いに越したことはありません。

ただし、同じ低コストTOPIXファンドであるニッセイTOPIXインデックスファンド(信託報酬:年0.159%)は配当込みの指数をベンチマークとしており、長期的に投資するのであればリターンの観点から、ニッセイTOPIXインデックスファンドの方がおすすめできるでしょう。

【追記】
「業界最低水準の運用コストをめざす」の運用方針のとおり、他ファンドに続いて信託報酬の引き下げが行われました。
新規設定ファンドではなく既存ファンドでコスト引き下げが行われますので、本ファンドを選択すれば乗り換えの必要がなく、効率の良い運用を行っていけるでしょう。

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)を購入できる会社はこちら

販売会社 SBI証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券
岡三オンライン証券
SMBC日興証券
GMOクリック証券
カブドットコム証券
スポンサーリンク

シェアする