驚愕のコスト!eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の評価と解説

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)は、日本を含んだ先進国株式と新興国株式に連動する動きを目指したインデックスファンドです。

2018月4月3日より運用開始が予定されています。

スポンサーリンク

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の詳細

投資対象全世界株式
ベンチマーク国内株式…TOPIX
先進国株式…MSCIコクサイ・インデックス
新興国株式…MSCI エマージング・マーケット・インデックス
※合成ベンチマーク
購入手数料無料
最低積立金額不明
信託報酬年0.142%以内(税別)
純資産が500億円以上の部分…0.137%
純資産が1000億円以上の部分…0.132%
純資産総額-億円
設定日2018月4月3日
決算日年1回(4/25)
信託財産留保額無料
償還日無期限
為替ヘッジなし
投資形態ファミリーファンド方式
運用会社三菱UFJ投信株式会社

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の特徴

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)ですが、日本先進国新興国の3地域の株式に均等投資を行うバランス型インデックスファンドになります。

同じ資産配分としては「ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)」が該当しますが、信託報酬は半分以下ですので、本ファンドが最安の3地域均等型バランスファンドとなります。
本ファンドの信託報酬は年0.142%と驚きのコストになっており、同シリーズの全世界株式ファンドであるeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)と同じコストで投資が行えることが魅力です。

eMAXIS Slimシリーズで個別に投資した場合は?

ファンド信託報酬
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)0.159%
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス0.1095%
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス0.190%

本ファンドと同じように上記のファンドで均等投資を行った場合、年0.153%となり本ファンドの信託報酬(年0.142%)を上回る形となりました。

国・地域別配分

判明次第追記します。

組入業種

判明次第追記します。

組入銘柄

判明次第追記します。

運用成績・利回りは

年間別騰落率

年次ベンチマーク
2017年+12.1%
2016年+3.8%
2015年-1.4%
2014年+15.5%
2013年+41.9%
2012年+27.8%
2011年-15.3%
2010年+1.9%
2009年+41.0%
2008年-52.9%

参考程度ですが「ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)」のベンチマークでの過去リターンとなります。
本ファンドの合成指数と異なる点は配当込み指数であることです。

本ファンドのレポートが公開され次第追記いたします。

分配金は?

現在のところ、分配金が出るかどうかは不明になります。

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の評価

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)は、3地域均等型インデックスファンドの中では最安コストであることが評価できます。

通常のバランス型ファンドよりも日本株式の比率高めて、為替リスクを抑えたい方には最適なファンドと言えます。
今まで同じ資産配分で運用していた方も、リバランスしなくていいことやコストが安いと言った優位性があります。

あとなんといっても年0.142%という保有コストの安さは魅力であり、通常の時価総額基準である全世界株式ファンドとは異なる形で投資を行っていきたい方には最有力のファンドとなるでしょう。

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)を購入できる会社はこちら

現段階での販売会社は下記2社のみとなっております。
しかしeMAXIS Slimシリーズの取扱い会社が数多くあることから、当ファンドの取り扱いも今後増えていくものだと予想されます。

販売会社 SBI証券(4月3日から)
楽天証券(4月6日から)
スポンサーリンク

シェアする