少額・低コストで積立も可能なラップ口座!マネラップ(MSV LIFE)の評判と口コミ

マネラップ(MSV LIFE)とは、ロボアドバイザーの機能を活用した低コストで運用できるラップ口座になります。
マネラップのようなロボアドバイザーを利用することで、自動的に投資のプロに運用を任せることが可能です。

スポンサーリンク

マネラップ(MSV LIFE)の詳細情報

マネラップはマネックス証券から、2016年9月にサービスの提供が開始されたラップサービスです。

実際の運用は、マネックスグループ株式会社、株式会社クレディセゾン、バンガード・グループが共同で出資している「マネックス・セゾン・バンガード投資顧問会社」が行っております。

項目詳細
投資対象ETF(日本含む)
最低投資金額1万円
手数料年間1.0%
積立可能額1,000円から
運用会社マネックス・セゾン・バンガード投資顧問会社

マネラップ(MSV LIFE)の特徴・メリット

簡単な質問に答えるだけで最適な資産運用プランが提案される

「ためる」「そなえる」「たのしむ」の3つの項目の中から選択して、出される質問に回答していくことで最適な資産運用プランが提案されます。

「ためる」が積み立てを行いながら資産運用するタイプ、「そなえる」が資産を取り崩しながら運用していくタイプ、「たのしむ」が「ためる」と「たのしむ」を組み合わせたタイプとなっております。

ユーザーはこの中から自身に合った、最適な項目をまず選択する必要があります。
そして出される質問に答えていくことになるのですが、おおまかな質問内容としては「投資経験の有無」「金融商品に関する知識」「金融資産の安全性」「運用資産が下落した時の対応」「リスク許容度」となっています。

これらの質問にすべて答えることで、資産運用プラン(ポートフォリオ)が作成され、その後ご自身で修正・調整も行えます。
注意したいのは「目標達成率が80%以上」でないとマネラップを始めることができませんので、達成率が足りていない場合、ご自身で調整する必要があります。

1万円から運用可能

マネラップ(MSV LIFE)では、1万円からロボアドバイザーを活用した、自動運用が行えるようになっています。
ロボアドバイザーの中では、低い金額で運用をはじめられますので、少額から行いたい方にもメリットがあると言えます。

投資を行うのは世界各国のETF

マネラップの投資商品はすべて、「ETF」と呼ばれる上場投資信託のみとなっています。
日本も含めた世界各国のETFに、分散して運用を行っていくことが特徴になります。

投資対象となっている資産カテゴリは下記になります。

投資商品
国内債券
国内株式
外国債券
外国株式
REIT

これらの資産カテゴリを分散して組み入れることにより、リスクの軽減が可能となっています。

積立は1000円からできる

マネラップ(MSV LIFE)では、月1,000円から積立投資が行えるようになっています。
もちろん積立手数料は別途かからず、無料で行えます。

他と比べて、最低積立金額が低くなっていることが魅力的と言えます。

比較的低コストで運用できる

マネラップを利用するのにかかる運用コストは、年間1%となっています。
似たようなサービスにファンドラップがありますが、手数料は年2%かかるものが多いですので、比較した時に低いコストで運用できることがメリットになります。

前述したとおり、マネラップは低い信託報酬が魅力のETFを投資商品としているので、安いコストで運用することが可能となっています。

また他のロボアドバイザーでは、手数料一つにしても「管理手数料」、「管理維持費」と細分化されてややこしくなっているものが多々あります。
その点、マネラップはそれらも統括して「年間1%」のみと、初心者の方でもわかりやすい手数料表記にしているので、ユーザービリティの観点からも親切と言えるでしょう。

マネラップ(MSV LIFE)のデメリット

口座自動引き落としに非対応

マネラップ(MSV LIFE)の投資一任口座に入金する方法は、マネックス証券の証券総合取引口座から振替を行って入金する必要があります。

現在のところ、証券口座&銀行口座等からの自動引き落としに対応していないため、一度マネックス証券の口座に入金⇒振替する手間が発生することになります。

基本的にほったらかしで運用を行っていきたい方には、少々不便な入金システムと言えるでしょう。
今後の対応に期待です。

【追記】
2017年9月よりマネックスの証券口座から自動的に、マネラップ(MSV LIFE)投資一任口座へ振替が行われるようになります。
つまりマネックスの証券口座に入金さえしておけば、あとは自動でマネラップ口座に資金移動をしてくれます。

マネックス証券に入金する手間はまだありますが、振替を自動で行ってくれるので、投資資金をあらかじめ入金しておけば、ほったらかし運用が可能となりますね。

マネラップ(MSV LIFE)の運用状況

私もマネラップで運用を開始してみました。

組入地域・資産クラス

運用戦略はレベル8となっており、一番高いリスクを取った運用方針で行っています。
上記の円グラフは、マネラップの管理画面で確認できます。

グラフを見ると北米(アメリカ)を中心に、日本と欧州地域を含めたバランスの良い投資配分となっています。

資産クラスは、国内外の株式でリスクを取りながらも、債券比率にも3割近く投資を行っておりますね。
株式で高い収益を目指しながら、下落のリスクにも対応した資産配分になっていると言えます。

組入上位10銘柄

銘柄資産クラス比率
バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)株式20.50%
バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF債券15.10%
シュワブU.S.ブロードマーケットETF株式12.10%
TOPIX連動型上場投資信託株式8.70%
上場インデックスファンドTOPIX株式7.70%
バンガード REIT ETFREIT(不動産)7.00%
バンガード・S&P 500 ETF株式4.40%
バンガード・トータル・ボンド・マーケットETF債券4.00%
iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF債券3.30%
シュワブU.S.アグリゲート・ボンドETF債券2.80%

現在のところ全18銘柄に投資をしており、上位10銘柄で約85%を占める構成となっていました。
信託報酬が超低コストのバンガードETFが上位を占めており、流動性が高い国内ETFも組み込まれております。

全組入銘柄の平均経費率は0.08%と、非常に低いコストで運用されていることがわかります。

マネラップ(MSV LIFE)の評価まとめ

  • ロボアドバイザーを活用した自動運用が可能
  • わずか1万円からはじめられる
  • 1,000円からの積立投資に対応
  • 海外ETFに低コストで投資が行える

マネラップ(MSV LIFE)は、資産を預ければ提案されたポートフォリオを基に、自動でETFの買付・売却・管理を行ってくれる素晴らしいサービスと言えます。

コストの面も、通常であれば取引ハードルが高い、海外ETFに低コストで行える点も魅力的です。
また積立も千円から対応しており、少額からコツコツと積立していくことができます。

将来の資産形成が効率的に行えるラップ口座(ラップサービス)となっていますので、ほったらかし運用に興味がある方は一度試してみることをおすすめします。

マネラップ(MSV LIFE)を始めるには、マネックス証券で口座を開設する必要がありますので、まだ口座を保有しておられない方はまず開設を行いましょう。

▼口座開設はこちら▼

スポンサーリンク

シェアする