日本を除いた世界株式に最安で投資可能!eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の評価と解説

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)は、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、円ベース)と連動する動きを目指したインデックスファンドです。

2018月3月19日より運用が開始されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の詳細

投資対象 世界株式
ベンチマーク MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、円ベース)
購入手数料 無料
最低積立金額 100円~
つみたてNISA 〇:対象ファンド
信託報酬 年0.142%以内(税別)
純資産が500億円以上の部分…0.137%
純資産が1000億円以上の部分…0.132%
純資産総額 43.18億円
設定日 2018月3月19日
決算日 年1回(4/25)
信託財産留保額 無料
償還日 無期限
為替ヘッジ なし
投資形態 ファミリーファンド方式
資産構成 実質外国株式組入比率…99.02%
うち 現物…95.71%
うち 先物…3.30%
組入銘柄数…2,143銘柄
先進国…1,324銘柄
新興国…819銘柄
運用会社 三菱UFJ投信株式会社

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の特徴

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)ですが、「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」を投資対象とするインデックスファンドの中では、最も低い信託報酬であることが特徴です。
既存ファンドでは野村つみたて外国株投信(年0.19%)が最安でしたが、それを下回るコストになります。

さらにおなじみの純資産増額による保有コスト割引もあり、ファンドの規模が大きくなるほど恩恵を受けることができます。
また「業界最低水準の運用コスト」を目指しているファンドでもありますので、今後さらに低コストのファンドが出たとしても、追随して信託報酬引き下げが実施される可能性が高いです。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスは、日本を除く22の先進国と23の新興国株式(大型株・中型株)を投資対象としています。
現在は2,174の銘柄で構成されており、全世界株式市場の時価総額約85%をカバーできます。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」は日本を除いた指数になりますが、日本を含む世界株式ファンドとしてはEXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド(年0.139%)や楽天・全世界株式インデックス・ファンド(年0.22%)があります。
ただ上記2つのファンドはETFを通して運用されており、実質コストが高くつく場合があることや指数との乖離が発生する可能性は留意しないといけません。

本ファンドでは真の国際分散投資ができませんが、最安水準のコストで日本を除く世界株式投資を行えることは素晴らしいことだと思います。
日本株式を省いて世界株式に投資をしたいという方には最適のファンドになることでしょう。

国・地域別配分

先進国

国・地域名 比率
アメリカ 56.66%
イギリス 6.16%
フランス 3.54%
ドイツ 3.85%
カナダ 3.52%
その他の国・地域 12.15%

新興国

国・地域名 比率
ケイマン諸島 2.02%
韓国 1.82%
台湾 1.37%
中国 1.19%
インド 1.01%
その他の国・地域 4.43%

組入業種

業種名 比率
ソフトウェア・ サービス 11.71%
銀行 10.09%
エネルギー 7.20%
医薬品・バイオ テクノ・ライフ 7.10%
資本財 6.95%
素材 5.34%

組入銘柄

先進国

銘柄 比率
アップル 2.20%
マイクロソフト 1.66%
アマゾン 1.52%
フェイスブック 1.02%
JPモルガン・チェース 0.86%

新興国

銘柄 比率
テンセント 0.65%
アリババ 0.52%
サムスン電子 0.50%
TSMC 0.41%
ナスパーズ 0.24%

アップルやAmazonなど世界でも有名な大企業が上位を占めております。
上位銘柄の比率は抑えられており、幅広い銘柄に投資を行っていることがわかります。

運用成績・利回りは

期間別騰落率

期間 ファンド ベンチマーク
1ヵ月 6.6% 6.4%
3ヵ月 -1.3% -1.9%
6ヵ月 -6.7% -7.6%
設定来 -2.1% -4.0%

※2019月1月末時点

年間別騰落率

年次 ベンチマーク
2017年 20.38%
2016年 5.68 %
2015年 -2.43%
2014年 20.25%
2013年 49.67%
2012年 32.08%
2011年 -10.98%
2010年 -1.56%
2009年 42.60%

ファンドのリターンになります。
ベンチマークは配当を含まない指数ですので、配当込みの成績である本ファンドとズレが発生しています。

一般的に長期になればなるほど、ベンチマークとの乖離が大きくなっていきます。

分配金は?

現在のところ、分配金が出るかどうかは不明になります。

個人投資家の評判は?

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の評価

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)は、日本を除く世界株式インデックスファンドの中では最安コストであることが評価できます。

現状、EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド(年0.139%)が日本を含む最安の世界株式インデックスファンドであるだけに、日本を除いた世界株式インデックスファンドである本ファンドは好みの分かれるところになります。
ただ日本株式の先行きが不透明、もしくは日本以外の世界株式に投資したいと感じる方には、最有力候補のファンドになるでしょう。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)を購入できる会社はこちら

現段階での販売会社は下記となっております。
eMAXIS Slimシリーズの取扱い会社が数多くあることから、当ファンドの取り扱いも今後増えていくものだと予想されます。

販売会社 SBI証券
楽天証券
岡三オンライン証券
SMBC日興証券
松井証券
マネックス証券
フィデリティ証券
岩井コスモ証券
スポンサーリンク
スポンサーリンク
インデックスファンド投資信託
g39wajzgをフォローする
スポンサーリンク
積立投資で資産運用を始めよう