人気のバランスファンド!iFree 8資産バランスの評価・評判と解説

iFree 8資産バランスはiFreeインデックスシリーズの一つであるインデックスファンドのことです。

主要8資産(国内株式、国内債券、先進国株式、新興国株式、先進国債券、新興国債券、日本REIT、海外REIT)に均等に投資を行っているバランス型投資信託になります。

8資産均等配分のバランスファンドとしては、信託報酬が最安であることが特徴です。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016に第4位に選出されています。
今後もインデックス投資家から注目され続けるファンドとなるでしょう。

【追記】
2017年10月2日付で、前信託報酬(年0.23%)から年0.22%に引き下げられました。
8資産クラスのバランスファンドとしては、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)たわらノーロード バランス(8資産均等型)と並び、最安ファンドとなります。

スポンサーリンク

iFree 8資産バランスの詳細

ベンチマーク国内株式(TOPIX)
先進国株式(MSCI コクサイ指数)
新興国株式(FTSE RAFI エマージング インデックス)
国内債券(NOMURA-BPI総合指数)
先進国債券(シティ世界国債インデックス(日本除く))
新興国債券(JPモルガンGBI-EMグローバルダイバーシファイド)
日本REIT(東証REIT指数)
海外リート( S&P先進国REITインデックス(日本除く))
購入手数料無料
最低積立金額100円から
信託報酬年0.22%(税別)
純資産総額44.26億円
決算日年1回(9月7日)
信託財産留保額なし
償還日無期限
投資形態ファミリーファンド方式
運用会社大和証券投資信託委託

信託報酬が、同じ8資産配分のライバルファンドであるeMAXIS バランス(8資産均等型)(信託報酬:年0.50%)半分以下になっています。
これだけ信託報酬が違えば乗り換えも検討しなくてはいけません。

eMAXIS バランス(8資産均等型)との違いですが、新興国株式のベンチマークが異なり、eMAXISの方(MSCI エマージング・マーケット・インデックス)は投資対象国に韓国が入っております。一方iFreeの方(FTSE RAFI エマージングインデックス)は韓国が入っておらず、同国を新興国として投資するかしないかの違いになってくるでしょう。
またMSCI エマージング・マーケット・インデックスの方が多くの国と銘柄で構成されていますので、分散性に優れているというメリットはあります。

あと信託財産留保額がeMAXISの方が掛かりますが、iFreeの方は掛からないことが違いになります。

マザーファンド別構成

ファンド資産比率
ダイワJ-REITマザーファンド日本リート12.7%
ダイワ日本債券インデックスマザーファンド(BPI)日本債券12.4%
トピックス・インデックス・マザーファンド日本株式12.4%
ダイワ新興国債券インデックス・マザーファンド 新興国債券12.3%
外国債券インデックスマザーファンド先進国債券12.3%
ダイワ・グローバルREITインデックス・マザーファンド海外リート12.3%
ダイワ新興国株式ファンダメンタル・インデックス・マザーファンド新興国株式12.3%
外国株式インデックスマザーファンド先進国株式12.3%

資産別構成

資産種類銘柄数比率
日本債券28212.3%
日本株式・先物1,48912.4%
日本リート・先物5912.6%
外国債券89224.0%
外国株式・先物1,60423.2%
外国リート33312.6%
外国投資証券70.8%
コール・ローン、その他2.7%
合計4,666

通貨別構成

通貨種類比率
日本円38.6%
米ドル24.0%
ユーロ7.6%
香港ドル3.6%
ブラジル・レアル2.8%
英ポンド2.5%
南アフリカ・ランド2.1%
メキシコ・ペソ2.0%
台湾ドル1.6%
その他15.3%

組入上位銘柄ほか

利回り・運用成績は?


オレンジ:iFree8資産バランス 赤:eMAXIS バランス(8資産均等型)

期間ファンドeMAXIS
バランス(8資産)
1か月0.8%0.8%
3か月2.6%3.2%
6か月3.5%4.6%
ファンド
2016年8.1%

※2017年7月31日時点

よく比較対象とされる、「eMAXIS バランス(8資産均等型)」とのパフォーマンス比較です。
ベンチマークが異なる部分がありますので一概には言えませんが、現在のところeMAXIS バランス(8資産均等型)の方が、トータルで見れば成績が安定しております。

しかし直近ではそこまで乖離が出ていない状況で、ベンチマークが同じではないですが、両ファンドとも似たようなパフォーマンスとなっています。

純資産推移

純資産は設定から堅調に増加しており、節目と言われる30億円以上に達しています。
後発の競合ファンドが出てきていますが、今後も堅調に純資産が伸びていってほしいところです。

分配金は?

2017年9月7日に初の決算となりましたが、分配金は0円と出さずに運用が続けられています。

iFree 8資産バランスの評価

iFree 8資産バランスの注意したいところですが、新興国株式ベンチマークである「FTSE RAFI エマージング インデックス」はファンダメンタル・インデックスですので、取引回数が多くなり実質コストが高くなる傾向があります。
その為、今後実質掛かるコストは確認していかなければならないでしょう。

ただそれらのデメリットを覆すほど信託報酬が格段に安いのですので、8資産に均等に投資したいと思う方なら本ファンドの方を検討しても良いでしょう。
今までの高コストのイメージを覆した、バランス型投資信託といえます。
資産配分がとてもわかりやすく、初心者の方にもおすすめできるファンドと言えるでしょう。

現在の状況なら信託報酬も含めてコストの違いが明確ですので、今からシンプルにパランス投資を考えている人には、iFree 8資産バランスをおすすめしたいですね。

【追記】2017年5月に、さらに低コストで運用が行える、同じ8資産クラスのeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)(信託報酬:年0.22%)が登場しています。
ただ実質コストが判明しない限り、どちらが最安かは判断できませんので、運用報告書が提出されるまでじっくりと見極めたいところですね。
⇒2017年10月2日以降、信託報酬で並びますのでコスト面での優位性はなくなります。

iFree 8資産バランスを購入できる会社はこちら

販売会社 SBI証券
楽天証券
GMOクリック証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
カブドットコム証券
静岡銀行
スルガ銀行
大東銀行
スポンサーリンク

シェアする