【低コストアクティブ投信】ノーロード明治安田社債アクティブ<特化型>の評価と解説

ノーロード明治安田社債アクティブ<特化型>は2016年12月に運用開始された国内債券アクティブファンドです。

購入手数料が無料のノーロードファンドです。
国内債券アクティブファンドとしては、信託報酬が非常に低めに設定されていることが特徴となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノーロード明治安田社債アクティブの詳細

ベンチマーク NOMURA-BPI総合(除く国債)
購入手数料 無料
設定日 2016年12月21日
信託報酬 年0.225%(税別)
純資産総額 13.87億円
決算日 年1回(4/26)
信託財産留保額 なし
償還日 無期限
投資形態 ファミリーファンド方式
資産構成 国内債券…95.46%
金銭信託等その他…4.54%
銘柄数…141
運用会社 明治安田アセットマネジメント株式会社

ノーロード明治安田シリーズの一つであり、現時点で最も信託が報酬が低い日本債券アクティブファンドとなります。
信託報酬年0.225%とインデックスファンド並みに低く設定されていることが評価できます。

DLIBJ公社債オープン(短期コース)は優良社債アクティブファンドとして有名ですが、それよりもさらに安い信託報酬となりました。

ベンチマーク(NOMURA-BPI総合(除く国債))がまったく同じインデックスファンドは他にはなく、単純な比較とはなりませんが、ここまで信託報酬が低ければ、国内の社債に投資したい人には検討する価値のあるファンドといえるでしょう。

特化型と商品名にありますが、これは時価総額10%超を一つの社債で組む可能性があるということです。
1社の社債で大きな割合を占めた場合、同時にリスクも高くなりますので、分散投資の観点からポートフォリオに組み込むのは一部にしておくのが無難でしょう。

格付別組入状況

格付 比率
AAA 7.90%
AA 9.21%
58.00%
BBB 24.89%
その他

債券特性値

修正デュレーション 6.59
残存年数 7.03年
複利最終利回り 0.75%
直接利回り 0.99%

組入上位銘柄

銘柄 利率 償還日 比率
第18回光通信無担保社債 1.790% 2033年3月23日 3.80%
第1回ソフトバンク無担保社債(劣後特約付) 2.500% 2021年12月17日 3.63%
第6回みずほフィナンシャルグループ無担保永久社債(劣後特約付) 1.130% 2023年12月15日 2.97%
住友生命保険相互会社第2回A号劣後債 0.840% 2021年6月29日 2.96%
第2回ソフトバンク無担保社債(劣後特約付) 2.500% 2022年2月9日 2.88%
第1回ビー・ピー・シー・イー・エス・エー円貨社債(TLAC) 0.640% 2022年1月27日 2.80%
第36回相鉄ホールディングス無担保社債 0.700% 2032年1月30日 2.64%
第1回積水ハウス無担保社債(劣後特約付) 0.810% 2022年8月18日 2.49%
第5回オリエントコーポレーション無担保社債 0.880% 2022年7月22日 2.33%
2017第2回インドネシア共和国円貨債券 0.890% 2022年6月8日 2.14%

上記の上位10銘柄を含む、全約150銘柄に投資を行っています。
個人投資家からも人気が高い「ソフトバンク無担保社債」など、国内の社債を中心に構成されております。

パフォーマンスは?

期間 ファンド ベンチマーク
1か月 +0.26% +0.24%
3か月 +0.49% +0.33%
6か月 +0.39% +0.06%
1年 +1.16% +0.47%
設定来 +2.78% +1.07%

(2018年11月末時点)

パフォーマンスですが、現在まで全ての期間でベンチマークを上回る成績を残せております。
運用から1年が過ぎ、アクティブファンドとしてはまずまずのパフォーマンスと言えます。

分配金は?

現在まで分配金は出されておりません。
今後も分配金はなしで運用されることに期待しましょう。

実質コストは?

決算年度
(対象期間)
実質コスト
2018年
(2017/4/27~2018/4/26)
0.251%
2017年
(2016/12/21~2017/4/26)
0.08%

直近で発覚した実質コストは0.251%と、信託報酬をやや上回るコストとなっています。

個人投資家の評判は?

ノーロード明治安田社債アクティブの評価

今後のパフォーマンス次第ではありますが、国内債券インデックスファンドとのリターン比較次第では、投資する価値のあるアクティブファンドとなる可能性があります。

国内債券ファンドよりもリスクを取って大きなリターンを得たい人には、選択肢に入れるのもいいかもしれませんね。

ノーロード明治安田社債アクティブを購入できる会社はこちら

購入できる会社は、SBI証券楽天証券松井証券岡三オンライン証券マネックス証券となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクティブファンド投資信託
g39wajzgをフォローする
スポンサーリンク
積立投資で資産運用を始めよう