最安の国内不動産投資信託!Smart-i Jリートインデックスの評価と解説

Smart-i Jリートインデックスは、国内REITを投資対象としているインデックスファンドのことです。

りそなアセットマネジメント「Smart-i」シリーズの一つとして2017年8月29日から運用されています。

スポンサーリンク

Smart-i Jリートインデックスの詳細

投資対象日本リート(国内不動産)
ベンチマーク東証REIT指数(配当込み)
購入手数料無料
最低積立金額100円から
信託報酬年0.17%(税別)
純資産総額3.1億円
設定日2017年8月29日
決算日年1回(5/25)
信託財産留保額無料
償還日無期限
投資形態ファミリーファンド方式
運用会社りそなアセットマネジメント株式会社

Smart-i Jリートインデックスの特徴

Smart-i Jリートインデックスですが、国内リート型インデックスファンドの中では、最安コストで投資できることが最大の特徴です。
これまで最安ファンドだったニッセイJリートインデックスファンド(年0.25%)よりも、大幅に安いコストで投資できるようになりました。

もちろん実質コストが判明してから乗り換える方がいいですが、かなり既存ファンドとコスト差があるので、現段階で移るのも良いかと思います。
取り扱い会社の楽天証券SBI証券マネックス証券では100円から積み立てていくことができます。

ちなみにETF(上場投資信託)まで含めると、「ダイワ上場投信-東証REIT指数」(年0.155%)が最安ファンドとなります。

また同じ「Smart-i」シリーズのSmart-i 先進国リートインデックス(年0.20%)は、最安の先進国リート投信となっています。

資産構成比率

資産比率
リート94.5%
先物5.5%
現金など0.1%

組入上位銘柄

銘柄比率
日本ビルファンド投資法人6.9%
ジャパンリアルエステイト投資法人 6.5%
野村不動産マスターファンド投資法人4.8%
日本リテールファンド投資法人4.4%
ユナイテッド・アーバン投資法人4.2%
オリックス不動産投資法人3.8%
大和ハウスリート投資法人3.4%
日本プロロジスリート投資法人 3.4%
アドバンス・レジデンス投資法人3.1%
GLP投資法人3.1%

運用成績は?

期間ファンドベンチマーク
1カ月-1.6%-1.5%
3カ月-0.4%-0.3%
6カ月+2.8%+3.0%
1年+11.2%+11.6%
設定来+7.7%+8.2%

※2018年10月31日時点

設定当初はやや乖離が発生していましたが、徐々に連動した成績を残せるようになっています。
国内リートは今年に入って持ち直し、本ファンドも上昇基調となっています。

分配金は?

2018年5月25日にはじめての決算を迎えましたが、分配は出ませんでした。
今後も出ずに運用が続けられると思われます。

実質コストは

年度実質コスト(税抜)
2018年
(2017年8月29日~2018年5月25日)
0.265%

運用報告書で判明した実質コストですが、0.265%となっています。
この段階では1年経っていませんが、年間換算するとやや高めの水準となっています。

もともと実質コストが高くつきづらい国内REITですので、今後改善されるか注目しましょう。

投資家の評判は?

Smart-i Jリートインデックスの評価

Smart-i Jリートインデックスは、最も安いコストで国内REITに投資できるインデックスファンドであることが評価できます。
ただREITファンドはつみたてNISA対象にはならないため、リートもつみたてNISAで投資したい場合は、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)などのバランス型ファンドを選択しましょう。

オリンピック需要を見込んで国内不動産に投資したい場合は、最有力のインデックスファンドと言えるでしょう。

Smart-i Jリートインデックスを購入できる会社はこちら

現段階での販売会社は下記となっております。
既存Smart-iシリーズの取扱い会社は豊富であることから、本ファンドも多くの会社で販売されることに期待したいですね。

販売会社 楽天証券
SBI証券
マネックス証券
スポンサーリンク

シェアする