海外REITファンドでおすすめ!<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドの評価・解説

<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドは、海外リートを投資対象とするインデックスファンドのことです。

コストが安いことで有名なニッセイインデックスシリーズの一つとして2013年12月より運用が開始されました。

スポンサーリンク

<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドの詳細

ベンチマークS&Pグローバルリートインデックス(除く日本、配当込み)
最低積立額100円から
設定日2013年12月10日
購入手数料無料
信託報酬年0.27%(税別)
純資産総額43.74億円
決算日年1回(11/20)
信託財産留保額なし
償還日無期限
為替ヘッジなし
投資形態ファミリーファンド形式
資産構成不動産投資信託証券… 97.5%
短期金融資産等…2.5%
全銘柄数…304
組入銘柄配当利回り…4.30%
運用会社ニッセイアセットマネジメント株式会社

<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドの特徴

本ファンドですが2016年11月22日に信託報酬が年0.45%から年0.27%に引き下げが行われて、現在のところ最も信託報酬が低い海外REITファンドとなりました。

ベンチマークとなっている「S&Pグローバルリートインデックス(除く日本、配当込み)」は、日本を除いた世界の不動産投資信託(REIT)で構成されています。
構成銘柄自体は約300銘柄と多くはないですが、1銘柄である不動産投資信託から、さらに多くの不動産に投資を行っています。

コストは長期的な運用リターンに響いてきますので、なるべく安い方が効率的に運用が行えます。
信託報酬が最も低い当ファンドは、海外リートを投資対象とする最有力ファンドと言えますね。

国・地域別の組入比率

上記の組入比率を見ると、先進国だけでなくシンガポール、メキシコ、南アフリカといった、成長著しい新興国のリートも含まれていることが特徴になります。

組入銘柄

米国最大のリートである「サイモンプロパティーグループ」を筆頭に、米国のリートがほぼ上位を占めております。

運用成績・利回りは?

期間ファンドベンチマーク
1か月-0.7%-0.7%
3か月2.0%2.0%
6か月-0.8%-0.9%
1年5.6%5.3%
3年20.4%21.2%
設定来43.1%44.2%

※2017年8月31日基準

期間ファンド
2016年-1.2%
2015年-0.3%
2014年42.1%

ベンチマークは配当込指数ではございますが、乖離もそれほど大きくなく、上手く連動が取れていることがわかります。

当ファンドは、ほぼ0に近い資産から運用が行われておりますが、今や40億を超える資産を持つファンドまでに成長しております。
純資産が増えたことで、今後はより安定したパフォーマンスが見れることでしょう。

分配金は?

現在まで分配金を出していませんので効率的に運用が行われています。

実質コスト

2016年11月で出された運用報告書で判明した実質コストは、年0.33%(信託報酬引き下げ後で計算)となっております。
新興国リートに投資しているのに関わらず、そこまで信託報酬と大きな開きがないことは評価できるでしょう。

<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドの評価

新興国も含めた海外リートに投資できますので、先進国と新興国を分けて保有するのが面倒という方にはぴったりなファンドとなるでしょう。
しかも他の新興国リートファンドはやや高めの信託報酬となっていますので、それを考慮しても本ファンドは魅力的な低コストだと言えますね。

信託報酬引き下げを行って海外リートファンドとしても最安のコストになりましたので、間違いなくおすすめできる海外リートインデックスファンドとなります。

<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドを購入できる会社はこちら

おすすめ会社 SBI証券
楽天証券
GMOクリック証券
マネックス証券
カブドットコム証券
松井証券
岡三オンライン証券
証券ジャパン
東海東京証券
フィデリティ証券
スポンサーリンク

シェアする