米国が世界に誇る大企業に最安で投資可能!iFree NYダウ・インデックスの評価・解説

iFree NYダウ・インデックスは、NYダウ(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)の動きと連動する動きを目指している、米国株式インデックスファンドのことです。

iFreeインデックスシリーズの1ファンドであり、2016年9月にて運用開始されています。

スポンサーリンク

iFree NYダウ・インデックスの詳細

投資対象米国株式
ベンチマークダウ・ジョーンズ工業株価平均
購入手数料無料
最低積立金額100円から
信託報酬年0.225%(税別)
純資産総額35.14億円
決算日年1回(9/7)
信託財産留保額無料
償還日無期限
為替ヘッジなし
投資形態ファミリーファンド方式
資産構成外国株式…93.0%(30銘柄)
外国投資信託…5.2%(1銘柄)
外国株式先物… 2.2%(1銘柄)
コールローン、その他…1.8%
通貨別構成米ドル…100.4%
日本円…-0.4%
運用会社大和証券投資信託

iFree NYダウ・インデックスの特徴

iFree NYダウ・インデックスは、ダウ・ジョーンズ工業株価平均をベンチマークとしているファンドの中で、最も低いコストで運用できることが評価できますね。
今まで信託報酬が最も低かった「SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン」(年0.50%)と比べて、半分以下も低い設定で登場したことに驚きです。

NYダウが軒並み史上最高値を更新しているニュースなどメディアを通じて耳にした方も多いと思います。
常に上昇を続けているその米国株式を代表する指数に、低コストで投資が行えることは非常に魅力的ですね。

今後の安定して成長を続けるであろう米国が世界に誇る大企業30社に、年0.225%という超低コストで投資を行うことが可能となります。

競合となる低コストファンドが少ないこともあって、今後判明する実質コストもあまり目を向けずに、現段階では本ファンドがNYダウインデックスファンドの最有力と言っていいでしょう。

業種別構成

業種 比率
資本財・サービス20.9%
情報技術16.3%
金融15.4%
一般消費財・サービス13.7%
ヘルスケア12.5%
生活必需品6.4%
エネルギー5.4%
素材2.5%
電気通信サービス1.4%

同じ米国を代表する株式指数である「S&P500」と比較すると、情報技術の比率が少なくなっています。
一方、資本財・サービスの割合が多くなっているのが、NYダウ構成業種の特徴となります。

組入銘柄

銘柄業種比率
SPDRダウ・ジョーンズ工業株平均ETFETF8.7%
ボーイング資本財・サービス7.0%
ゴールドマン・サックス・グループ金融6.5%
3M(スリーエム)資本財・サービス5.7%
ユナイテッドヘルス・グループヘルスケア5.4%
ホーム・デポ一般消費財・サービス4.5%
マクドナルド一般消費財・サービス4.3%
アップル情報技術4.2%
IBM(アイビーエム)情報技術4.0%
ジョンソン・エンド・ジョンソンヘルスケア3.5%

実際に投資を行っている銘柄を見ると、アップル、インテル、マクドナルドなど日本人なら誰もが知っている企業がずらりと並んでいます。
「SPDRダウ・ジョーンズ工業株平均ETF」と呼ばれるNYダウETFが、上位銘柄で組み入れられています。
上位10銘柄で全体の54%と比率が多くなっており、上位銘柄の値動きによる影響が大きくなっています。

「S&P500」の構成銘柄上位となっている「アマゾン」や「フェイスブック」は、NYダウの構成銘柄でないため投資を行っておりません。

利回り・運用成績は?

期間ファンドベンチマーク
1カ月+4.8%+4.7%
3カ月+10.2%+9.7%
6カ月+14.2%+13.2%
1年+41.3%+38.7%
年初来+16.1%+14.4%
設定来+43.5%+40.6%

※2017年10月末時点

良好な米国経済の後押しもあって、NYダウも好調に推移しています。
本ファンドも1年間で+40%以上と大きく上昇しています。

常時ベンチマークを上回る成績を残していますが、ファンドの成績には構成銘柄の配当が含まれており、長期間になればなるほどベンチマークとの乖離が大きくなっています。

純資産も優良ファンドの節目となる30億円突破と、順調に伸び続けています。

分配金は?

2017年9月7日に初めて決算を迎えましたが、分配金は出さずに運用が続けられています。

競合ファンドとの比較・他のおすすめファンドは?

当ファンドと並び信託報酬最安(年0.225%)である、たわらノーロード NYダウが存在します。
現在のところ運用コストが全く同じですので、今後判明する実質コストを見極めながら選択していってもいいでしょう。

またNYダウに投資を行っているファンドではありませんが、eMAXIS Slim 先進国株式インデックス楽天・全世界株式インデックス・ファンドは、米国だけでなく先進国や世界に分散して投資が可能な、低コストインデックスファンドになります。

同じ米国株式指数である「S&P500」に投資したい場合は、iFree S&P500 インデックスが最安ファンドでおすすめです。

NYダウ以外にも投資の幅を広げたい場合は、検討すると良いと思います。

iFree NYダウ・インデックスの評価

iFree NYダウ・インデックスですが、低コストで運用できることが魅力の「iFreeインデックスシリーズ」の一つということもあり、運用に掛かるコストが最安水準になっていることが最大のメリットと言えます。

NYダウに投資したい!という方には、今現在一番おすすめできるファンドとなりますので、外国株式・先進国株式資産の一部として、ポートフォリオに加えることを検討してみてもいいかもしれませんね。

iFree NYダウ・インデックスを購入できる会社はこちら

販売会社 SBI証券
楽天証券
マネックス証券
カブドットコム証券
GMOクリック証券
岡三オンライン証券
むさし証券
スルガ銀行
静岡銀行
愛媛銀行
スポンサーリンク

シェアする