ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)の評価・解説

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)4つの資産クラスに分散投資できるバランス型インデックスファンドです。

低コストファンドが盛りだくさんのニッセイインデックスシリーズに2015年8月より追加されました。

【追記】
2017年11月21日をもって、年0.34%の信託報酬から年0.219%に引き下げが行われました。
2018年8月21日より、年0.219%年0.159%に信託報酬引き下げが行われております。

スポンサーリンク

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)の詳細

ベンチマーク国内株式…TOPIX(配当込み)
国内債券…NOMURA-BPI総合
先進国株式…MSCI コクサイ・インデックス(配当込み)
先進国債券…シティ世界国債インデックス(除く日本)
購入手数料無料
信託報酬年0.159%(税別)
純資産総額26.53億円
決算日年1回(11/20)
信託財産留保額なし
償還日無期限
為替ヘッジなし
資産構成国内株式…25.0%
国内債券…24.9%
先進国株式…25.2%
国内債券…24.9%
投資形態ファミリーファンド形式
運用会社ニッセイアセットマネジメント

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)の特徴

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)は、日本株式、日本債券、先進国株式、先進国債券に25%ずつ均等に投資を行っております。

資産配分が同じであるeMAXIS バランス (4資産均等型)(信託報酬0.50%)よりも安いコストで運用が行えるのは驚きですね。

ただ新興国を投資対象としておりませんので、国際分散投資としてはやや不十分となります。
真の国際分散投資を行いたい方は、楽天・新興国株式インデックス・ファンドiFree 新興国債券インデックスなどの新興国ファンドを追加購入することで対応することが可能です。

組み入れ上位10銘柄でも全体の2割以下の比率に抑えられていますので、分散性が高いファンドと言えます。

運用成績は?

期間別ファンドベンチマーク
1ヵ月2.4%2.4%
3ヵ月4.0%4.0%
6ヵ月5.8% 5.9%
1年5.6%5.9%
3年18.2%20.1%
設定来17.0%18.9%
ファンド
2017年10.9%
2016年0.5%

※2018年9月末時点

以前よりもベンチマークとの乖離率が低くなってきており、直近の成績は配当込指数と連動が取れていることがわかります。

現在のところ8資産バランス型のニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)よりも、パフォーマンスが上回っています。

分配金は?

分配金は今まで出しておりませんので効率よく運用が行えております。
このまま分配金を出さずに運用を続けてもらいたいですね。

実質コストは?

決算年度
(対象期間)
実質コスト
2017年
(2016/11/22~2017/11/20)
0.41%
2016年
(2015/11/22~2016/11/20)
0.39%

2017年11月の決算にて判明した実質コストは、年0.41%となっています。
eMAXIS バランス (4資産均等型)の実質コストに比べて、非常に低く抑えられていることが評価できます。

個人投資家の評判は?

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)の評価

基本4資産クラスに年0.159%(税別)と低いコストで均等に投資が行えることが評価できます。
資産配分を考えるのが面倒でバランスファンド1本にしたいという方には、当ファンドも有力候補として検討することをおすすめします。

新興国と各国不動産にも投資したい方は、同じニッセイシリーズのニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)を選ぶと良いでしょう。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)を購入できる会社はこちら

購入可能なおすすめ会社は、SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券GMOクリック証券岡三オンライン証券となります。

スポンサーリンク

シェアする