野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型)の評価・解説

野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型)は新興国債券を投資対象としているインデックスファンドとなります。

「JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・プラス(円ヘッジベース)」をベンチマークとしていてこれ一つで新興国債券に幅広く投資を行えることとなります。

スポンサーリンク

野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型)の詳細

ベンチマークJPモルガン・ガバメント・ボンド・
インデックス・プラス(円ヘッジベース)
購入手数料無料
信託報酬年0.60%(税別)
設定日2010年11月26日
基準価額13,039円
純資産総額25.7億円
決算日年1回(9/6)
信託財産留保額0.3%
償還日無期限
為替ヘッジあり(ドル円レート)
投資形態ファミリーファンド方式
運用会社野村アセットマネジメント株式会社

野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型)の特徴

野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型)は米ドル建て為替ヘッジありの新興国債券に投資できることが特徴です。
本ファンドと同じベンチマークのファンドは、SMT 米ドル建新興国債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)しかありませんので希少なファンドとなります。

通常、新興国は金利が高い国が多いので現地通貨の債権を利用して為替ヘッジをした場合、日本円との金利差分のコストが多く掛かってしまいます。
その点、本ファンドでは現地米ドル建ての債券を日本円でヘッジしたものですので、全ての新興国債券が米ドル円との金利差分コストしか掛からないことが評価できます。

組入比率

運用成績は?

ファンドベンチマーク
1ヵ月-0.5%-0.5%
3ヵ月1.5%1.7%
6ヵ月5.1%5.6%
1年1.3%2.4%
3年6.9%11.7%
設定来30.8%40.2%

※2017年6月30日現在

ここ最近のパフォーマンスがベンチマークの成績を下回っている点が気になります。
今後パフォーマンスが安定することに期待したいですね。

分配金は?

今まで一度も分配金は出しておりませんので効率よく運用が行えています。

実質コスト

2016年9月に提出された報告書によると、実質コストは年0.62%となっています。
元から設定されている信託報酬と差がないことが評価できます。

野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型)の評価

本ファンドは「JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・プラス(円ヘッジベース)」をベンチマークとしているファンドの中で、最も低いコストで運用できることが最大のメリットとなっています。

今後米国は近いうちに利上げが予想されており、ヘッジコストが大きくなる場合があることは注意が必要になります。
それでも分散したポートフォリオの中に為替ヘッジ付きの新興国債券を加えたい場合は、本ファンドも検討価値があるファンドと言えるでしょう。

野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型)を購入できる会社はこちら

販売会社 SBI証券
楽天証券
GMOクリック証券
マネックス証券
カブドットコム証券
松井証券
新生銀行
スルガ銀行
スポンサーリンク

シェアする