毎月分配金がもらえるワールド・リート・オープン(毎月決算型)の評価と解説

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)は、世界のREIT(不動産)に投資しているアクティブファンドです。

運用会社は三菱UFJ国際投信ですが、実質的な運用はモルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントが行っています。

スポンサーリンク

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の詳細

投資対象海外不動産
積立可能額100円から
ベンチマークなし
購入手数料2.5%
(無料の会社あり)
信託報酬年1.550%(税別)
純資産総額2,832億円
設定日2004年7月2日
決算日毎月10日
信託財産留保額なし
信託期間無期限
為替ヘッジなし
投資形態ファミリーファンド方式
資産構成国内REIT…4.3%
外国REIT…92.6%
コールローンほか… 3.1%
運用会社三菱UFJ国際投信

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の特徴

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)ですが、日本を含む世界各国のリートを投資対象としています。
毎月分配型の投資信託であり、分配金を頻繁に受け取りたい方には最適なファンドとなります。

ただ長期投資には不向きと言われ、複利効果が見込めないことや、過剰な分配によって元本が切り崩されるファンドも存在します。
以前は人気の毎月分配型ファンドでしたが、最近は新規設定が少ないこともあって人気に陰りを見せています。

信託報酬はアクティブファンドだけあって、やや割高の水準となっています。
保有期間が長いほど負担するコストも大きくなりますので、できるだけ低いファンドを選択するべきです。

ワールド(世界)・リートとありますが、実際にはアメリカの不動産が半分以上を占めており、米国REIT市場の影響を強く受けることになります。
また米国を除いても、先進国リートを中心とした11か国のみで構成されており、分散性は低いと言えます。

為替ヘッジは行っていない

本ファンドは海外リートに投資を行っていますが、為替ヘッジを行っていません。
そのため、為替の変動によるリスクがあることには注意しましょう。

組入国・地域

銘柄名比率
米国59.2%
カナダ 7.4%
豪州6.3%
フランス5.5%
日本4.3%
シンガポール4.2%
イギリス 4.2%
香港 4.0%
スペイン0.8%
アイルランド0.5%
オランダ0.4%

セクター別組入比率

銘柄名比率
小売36.4%
複合16.8%
オフィス 15.5%
住宅 8.2%
ヘルスケア6.5%
その他6.1%
ホテル4.4%
産業用施設2.2%
倉庫0.8%

小売や複合施設の比率が多いことがわかります。

組入上位銘柄

銘柄名比率
サイモン・プロパティー・グループ9.3%
ボルネード・リアルティー・トラスト6.3%
リオカン・リート4.7%
メイスリッチ 3.6%
スターウッド・プロパティ・トラスト3.2%
エクイティ・レジデンシャル 3.1%
リンク・リート3.0%
キムコ・リアルティー2.7%
ミッド・アメリカ・アパートメント・コミュニティーズ2.4%
ブリックスモア・プロパティー・グループ 2.3%

本ファンドは割安かつ好配当が期待できる銘柄で構成されています。
構成銘柄の平均配当利回りは5.1%となっています。

運用成績・利回りは

期間別騰落率

期間ファンドたわら先進国リート
1ヵ月+1.6%+2.35%
3ヵ月-0.1%+1.86%
6ヵ月 -2.2%+1.15%
1年+12.2% +18.35%
3年+9.5%+18.75%
5年+28.3%
10年+137.2%
設定来+108.8%%

年間別騰落率

年次ファンドたわら先進国リート
2018年11.76%-8.94%
2017年+2.60%+6.42%
2016年+0.11%-0.92%
2015年-1.37%
2014年+37.73%
2013年+19.0%
2012年+32.8%
2011年‒3.1%
2010年+5.3%
2009年+35.1%

※2019年2月28日時点

ベンチマークは未設定となっているので、先進国REITを投資対象としているたわらノーロード先進国リートと比較してみました。
結果はここ3年のあいだ、全ての期間で成績が劣っていることがわかります。

たわらノーロードの方がかなり低コストで運用できることを含めて、本ファンドのパフォーマンスは厳しい状態と言えます。

分配金は?

決算月分配金実績
2019/0320円
2019/0220円
2019/0135円
2018/1235円
2018/1135円
2018/1035円
2018/0935円
2018/0835円
2018/0735円
2018/0635円
2018/0535円
2018/0435円

毎月分配型投信であるため、毎月分配を得ることができます。
以前は70円の分配金が出ていましたが、現在は減配されて半分以下の20円となっています。

個人投資家の評判は?

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の評価

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)ですが、毎月分配を得られることが唯一のメリットになっており、その分配金も減少傾向にあります。
そのため資金の流出が続いており、今後も純資産の減少に歯止めが効かない状況になると思われます。

パフォーマンスもインデックスファンドに負けるなど低調となっていて、アクティブファンドとしての存在意義も失われつつあります。
どうしても毎月分配を得たいという方以外は、低コストのインデックスファンドに投資することをおすすめします。

現在Smart-i 先進国リートインデックス(年0.20%)が最安の先進国REITインデックスファンドとなっています。
まだ運用実績が浅いですが、本ファンドの保有コストを考えればこちらに投資する方が良いと思われます。

新興国も含めた世界のリートに投資したい場合は、ニッセイグローバルリートインデックスファンド(年0.27%)がおすすめです。

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)を購入できる会社はこちら

古くからあるファンドですので、多くの証券会社・金融機関で購入が可能です。

販売会社SBI証券
楽天証券
GMOクリック証券
マネックス証券
カブドットコム証券
松井証券
SMBC日興証券
岡三オンライン証券
イオン銀行
新生銀行
フィデリティ証券
大和証券
野村證券
むさし証券
立花証券
エイチ・エス証券
ソニー銀行
三菱UFJ銀行
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
スポンサーリンク

シェアする