信託報酬最安!ニッセイJPX日経400インデックスファンドの評価と解説

<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンドは、2015年1月末に運用開始された国内株式インデックスファンドのことです。

低コスト投信が豊富にあるニッセイインデックスシリーズのひとつであり、信託報酬が最も低いJPX日経400インデックスファンドであることが特徴です。

スポンサーリンク

ニッセイJPX日経400インデックスファンドの詳細

ベンチマークJPX日経インデックス400(配当込み)
購入手数料無料
最低積立金額100円~
設定日2015年1月29日
信託報酬年0.195%(税別)
純資産総額9.61億円
決算日年1回(11/20)
信託財産留保額なし
償還日無期限
投資形態ファミリーファンド方式
資産構成株式…100%
(現物…96.2%、先物3.8%)
銘柄数…397銘柄
運用会社ニッセイ・アセットマネジメント株式会社

ニッセイJPX日経400インデックスファンドの特徴

ニッセイJPX日経400インデックスファンドはその名のとおり、JPX日経400をベンチマークとしているインデックスファンドになります。

ファンドが設定された当初は、0.31%の信託報酬で最安となっていましたが、後発のファンドにさらに信託報酬が低いファンドが登場したことで、一旦最安の座を明け渡しておりました。

しかし2016年11月下旬に年0.195%まで信託報酬の引き下げを実施して、再びJPX日経400を投資対象としている最安のインデックスファンドに返り咲いています。

組入れ業種

組入れ銘柄は?

JPX日経インデックス400をベンチマークとしていますので、利益水準が高い企業400社(現在は397銘柄)で構成されています。

本ファンドに投資することで、財務や経営が優秀である400銘柄に分散して投資が行うことが可能です。

運用成績・利回りは?

期間ファンドベンチマーク
1カ月0.3%0.3%
3カ月5.2%5.3%
6か月6.6%6.7%
1年23.5%23.8%
設定来14.8%17.0%

配当込みの指数に対して、ここ1年のトラッキングエラーは-0.03%と、上手く連動が取れております。

ただ純資産の伸びが横ばいとなっていて、最近ではやや下落傾向にあります。

分配金は?

決算月分配金
2016年11月0円
2015年11月0円

今まで分配金を出したことはありません。今後も出さずに運用が続けられることに期待したいですね。

実質コストは?

2017年に提出された運用報告書によると、実質コスト(信託報酬引き下げ後で計算)は0.21%となっています。
信託報酬(0.195%)と、ほぼ同水準のコストとなっていますので問題ないでしょう。

ニッセイJPX日経400インデックスファンドの評価

本ファンドの評価ですが、JPX日経インデックス400(配当込み)を投資対象とするインデックスファンドの中では、最安コストで運用できることが評価できます。

国内の投資魅力の高い銘柄に低コストで分散投資が行えることは、自身の運用方針によっては非常に魅力的なファンドとなるでしょう。

より国内の株式に対して分散力を高めたい場合は、TOPIX(約2,000銘柄)をベンチマークとするニッセイTOPIXインデックスファンドたわらノーロード TOPIXに投資を行っていく方が良いと思います。

ニッセイJPX日経400インデックスファンドを購入できる会社はこちら

購入可能な会社は、SBI証券楽天証券松井証券マネックス証券GMOクリック証券カブドットコム証券、東海東京証券、フィデリティ証券、証券ジャパンとなります。

スポンサーリンク

シェアする