日本を含む初の全世界インデックスファンドが登場!全世界株式インデックス・ファンドの評価・解説

全世界株式インデックス・ファンドは、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(円ベース)と連動した動きを目指している、全世界株式インデックスファンドになります。

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズから、2017年9月8日に設定されました。
本ファンド一つで、日本を含む全世界に投資が行えることが可能になります。

スポンサーリンク

全世界株式インデックス・ファンドの詳細

ベンチマークMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(円ベース)
購入手数料上限2.0%
最低積立金額100円から
設定日2017年9月8日
信託報酬年0.48%(税別)
純資産総額0.11億円
決算日年1回(11/30)
信託財産留保額0.3%
償還日無期限
為替ヘッジなし
投資形態ファミリーファンド方式
運用会社ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ

全世界株式インデックス・ファンドの特徴

全世界株式インデックス・ファンドは、日本を含むMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(円ベース)をベンチマークとしている、唯一のインデックスファンドであることが特徴です。

ベンチマークであるMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスは、日本を含めた先進国(23か国)、新興国(24か国)を投資対象としています。
現在まで登場している全世界インデックスファンドは三井住友・DC全海外株式インデックスファンドなどがありますが、日本を除く全世界ファンドでございました。

本ファンドが登場したことで、真の全世界分散投資が行えることになります。
ただ信託報酬がやや高めであることが少し残念ではあります。

しかしこれ一つで、全世界株式に分散投資が行えることは魅力的になりますので、国際的な分散投資を行いたい方にとって最有力のファンドとなるでしょう。

日本株式ベンチマークはMSCIジャパン・インデックス

日本株式マザーファンドのベンチマークは「MSCIジャパン・インデックス」であり、一般的な「TOPIX」などとは異なります。
東証一部銘柄のみでなく、東証マザーズや東証REITも含む市場全体の上位85%の銘柄を投資対象としています。

日本ではあまりなじみがないですが、海外では日本の株式ベンチマークとしてポピュラーなものです。
国内のインデックスファンドではセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドが、日本株式ベンチマークとして設定しています。

資産構成ほか

判明次第、追記いたします。

組入銘柄

判明次第、追記いたします。

利回り・運用成績は?

期間ファンドベンチマーク
2016年+3.54%
2015年-1.49%
2014年+21.54%
2013年+49.85%
2012年+30.18%

ベンチマークとしている「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」の昨年までのパフォーマンスです。
三井住友・DC全海外株式インデックスファンドなどでベンチマークとなっている、「日本を除いたMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」の成績よりも、おおむね上回ったパフォーマンスとなっています。

分配金は?

まだ決算を迎えておりませんので、後日追記します。

全世界株式インデックス・ファンドの評価

全世界株式インデックス・ファンドですが、これ1本で全世界株式に分散投資が行えることが評価できます。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(日本含む)を投資対象としているファンドは他にはありませんので、真の世界分散投資を行いたい場合には最有力ファンドとなるでしょう。

全世界株式インデックス・ファンドを購入できる会社はこちら

現在は下記のネット証券2社が取り扱っています。
どちらも100円から購入・積立が可能ですので少額積立も行えます。

さらに購入手数料も、下記2社では無料(ノーロード)となっています。

販売会社 SBI証券
マネックス証券
スポンサーリンク

シェアする