純金積立は少額で不況リスクに備えられる

スポンサーリンク

純金積立とは

純金積立は毎月決まったお金で、金を購入していく投資方法です。

月1,000円から始められるのでいまや定番の投資方法となっています。

不況時には安全資産として「金」に買いが向かいますので、価格の上昇繋がることが特徴です。
このページでは純金積立について解説していきます。

純金積立を行うメリット

少額から始められる

1,000円からと少ない金額で始められるので、手軽に始めやすいのがメリットになります。
家計を圧迫しない余裕資金内で、コツコツ積み立てていくことをおすすめします。

リスクが比較的少ない

純金相場は、株やFXなどと比べて相場が比較的安定しています。
相場の値動きが緩やかであり、長期投資に最適な環境となっていますので、積立による投資法が人気となっています。

ドルコスト平均法で変動リスクに対応

積立てによる「ドルコスト平均法」で価格の変動による損失リスクが少なくなります。
長期で積立を行うことで、ドルコスト平均法の威力がより発揮していきますので、長期投資を前提で行うことをおすすめします。

自動積立で買い忘れを防ぐ

積立を自動で行ってくれるので、毎月購入する手間が省けます。
ただ少なくても半年に一度は、金の価格と保有状況をチェックしましょう。

純金積立を行うデメリット

損失が発生する場合もある

純金積立も投資の一種ですので損失リスクがあり、純金相場の価格変動によって原本割れとなってしまうことがあります。

株と同じように、日々相場は絶え間なく動いています。
そのため買った時の価格よりも、売却するときの価格が下落していればその分の損失が発生してしまいます。

ただほかの投資商品よりも比較的リスクが小さいことが特徴となっており、今現在も人気の投資商品の一つです。

得られるリターンは低い

ドルコスト平均法による積立によって損失リスクは小さいですが、その分返ってくるリターンも小さいです。
急激な価格変動が起こりにくくなっていますので、短期的に利益をあげていくことも難しいと思います。

ただいつ起きるかわからない不況時に備えられる投資方法ですので、アセットアロケーション(分散投資)の一部に金投資を加えることでリスク分散に繋がることでしょう。

手数料または年会費が掛かる

手数料・年会費が掛かりますので、出来るだけ手数料・年会費の安い会社で積立を行うことが大事となってきます。

業者名年会費購入手数料
SBI証券無料2.16%
マネックス証券無料2.7%
楽天証券無料2.7%
住信SBIネット銀行無料2.5%

新規参入のSBI証券が、購入手数料2.16%と業界最安値を更新しました。
後追いのサービス開始であるため、勝負をかけた手数料設定にしたと言えるでしょう。

倒産時に返却されないリスクがある

消費寄託で保管される場合、会社が倒産すると一部の金しか返却されない場合があります。
実績のある信頼できる販売会社を選ぶようにしましょう。

純金積立おすすめ会社はこちら

業者名おすすめポイント
SBI証券購入手数料最安でおすすめ。
積立の他にもリアルタイム取引やスポット取引が可能。
楽天証券月1,000円から始められて、年会費も無料。
グラム単位による定量積立も可能です。
マネックス証券年会費無料で、月1,000円から積み立てられます。
スポット購入もでき、急落時に買付することが可能です。
住信SBIネット銀行毎月1,000円から積立可能で年会費も無料。
購入手数料は安い水準と言えます。
スポンサーリンク

シェアする