純金の基本知識

純金積立は少額で始められて人気の積立商品です。
ただ純金の動向について詳しく知っている人はまだまだ少ないのではないのでしょうか。
そこで本記事では純金についての基本知識をご紹介します。

スポンサーリンク

金の産出国データ

現在のところ金を一番多く産出しているのは中国になります。
その量はおよそ350万トンと言われ巨大産出国となっています。

他にもアメリカ、オーストラリア、ロシアなどが続きます。
経済成長が著しいインドネシアも最近は増えてきており今後も伸びていくことでしょう。

金の埋蔵量は

1年間で取れる世界中の金の量は、およそ2500トンと少なくなってきています。
埋蔵量も残り7万トンと推測されて、いずれ採取ができなくなると言われています。
その為現在は再利用の技術を活かして、金のリサイクルが活発的に行われるようになっています。

金自体の性質

金は柔らかいので加工しやすいという性質があります。
金箔などがそうですよね。わずかな金でも大きな金箔を作ることが可能です。

また錆びることもないので、金メッキと呼ばれるほかの商品に金箔をはることで腐蝕を防げることができます。

現在の金の需要は?

金の需要ですがリーマンショック時には堅調に推移したことからわかるように、市況が不安定な時に安全資産として買われる傾向があります。
現在も何らかのリスクが発生した時に金価格が上昇しており、安全資産として揺るぎない地位を誇っております。

さらに現物商品としての金の需要も宝飾品を中心に伸びていて、経済が活発な時にも需要が安定していることが大きな長所と言えますね。

金の基本知識まとめ

上記で述べたように金は宝飾品だけでなく、食品、医療、素材としてなど様々な分野でも利用されており、金市場も安定して堅調に推移しています。
金は私たちの生活に大きく関わりが深い存在ですので、今後も需要が続くものと思われます。

今回は金の知識をおさらいも含めてお伝えしましたが、もし興味をもたれたなら純金積立をはじめてみるのをおすすめします。
純金積立の詳細と解説ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク